保護猫のススメ。約一ヶ月経過して薄れゆく警戒心。

ネコ

猫を飼うなら保護猫を

ウチに保護猫のイギーが来てから、約1ヶ月が経過しました。

 

Twitterで猫の画像や動画を、毎日のように目にして

犬派だった私が「猫って可愛いな」と思いはじめ猫派に!

 

その2~3週間後に保護猫が来て、ソファに座り可愛がる事が出来ていた。

我ながら、その早さに笑ってしまう(笑)

 

ペットショップでも、猫を見に行ったが

1ヶ月が経った今も、保護猫を譲渡してもらって良かったと思う。

むしろ、この1ヶ月でイギーとの繋がりの成長が楽しめ、保護猫をお勧めしたい。

猫の繋がり

インターネットで「譲渡会」を調べつつ

夫婦ふたりで猫アレルギーの有無を調べに、病院へ行き血液検査も受けました。

二人共、アレルギー無しということが確認出来て一安心。

 

その結果が出た日には譲渡会に参加させてもらい

目当てのイギーに出会えました。

 

譲渡会に参加する時には

事前にアンケートも印刷して、質問事項は全て書き込み

すぐに出せる状態で臨み、少しでも保護主さんへ誠意を見せて

こちらの気持ちが、伝わればと思い参加しました。

 

そのお陰か分かりませんが、保護主さんにアンケートをだすと

すぐに譲渡を、決めてくれてウチに来てくれました。

 

その後、定期的に保護主さんに写真と共に報告義務があります。

と言っても、保護主さんとはLINEを交換してあり、手軽に報告できます。

そして猫を初めて飼う私達にとって、分からない事も多くあり

その都度、LINEで質問をして回答をもらい、安心させてもらいました。

 

この繋がりも、お互いを信頼して出来ていると嬉しく思います。

心を開く過程も楽しめる

初めてウチにきた「イギー」は臆病で

テレビの後ろや、カーテンの裏へ常に隠れていました。

 

保護主さんに聞くと、保護されていた時に

カラスや他の猫に攻撃されていて、肘に怪我をしていたので

その恐ろしい経験から、警戒心が強くなったとのことです。

 

一週間くらいは、ケージに入った時だけ、撫でる事が出来ました。

それ以外は、近づくと逃げるのです。

寝る時もケージに入れてました。

 

オモチャで遊んだり、猫の大好きなおやつ「ちゅ~る」をあげたり

なんとか距離を縮めようと、試行錯誤してました。

「ちゅ~る」をあげた後に、ソファーに座っている

私の足にすり寄って来て、数秒の間横にいた時は感動で泣きそうになりました(笑)

 

その後、徐々にテーブルの下で寝るようになったり

ソファーに座るようになるだけで、妻と顔を見合わせ喜んでました。

 

前の記事でも書きました、猫の警戒心を無くす方法を

しばらく根気よく続けてました。

保護ネコの警戒心を和らげる方法。
警戒心が強い保護ネコ 3月から家に保護猫が来ました。家族の一員に加わってくれました。 初めての譲渡会に参加して、保護主さんと話が進み、譲渡してもらえました。 名前は「イギー」です。 ジョジョの奇妙な冒...

 

約一ヶ月経った今では、夜になって「寝るよー」と声を掛け

2階の寝室に行くと、警戒しながら階段も登るようになり

ベットで一緒に寝れるようになりました。

 

ベットでは、顔の近くに来て同じ枕で寝ていることもあります。

そして撫でたり毛布を掛けてあげたりすると、ゴロゴロゴロと

一晩中喉を鳴らしてくれます。最近は耳栓が必要になりました(笑)

 

保護猫のススメ

仕事から家に帰り「ただいまー」というと

リビングから「ミャー」と聞こえてきます。

 

ドアを開けると出迎えてくれると思いきや、ササーっと逃げてしまいます(笑)

普段は近づいたり、抱っこされるのは嫌いの様です。

 

保護主さんへ近況を報告すると、自分の事のように喜んでくれます。

この徐々に人見知りから、仲良くなっていく感じが楽しいのです。

 

忙しい朝でも、トイレをキレイにしたり、ご飯の準備をしたり

楽しく出来るのも、この繋がりが有るからだろうと思います。

 

 

捨てられて、悲しいことになる猫も後を絶ちません。

譲渡会」で検索すると、数多くの動物が出てきます。

その生命を一つ救えたんだと思うと、少しはこの世界の役に立てたかと思います。

自己満足です(笑)

 

猫を飼う時には、よく考え、保護猫の事も、思い出してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました