帰省して乗鞍岳に連れて行ってもらった。

日記

妻の実家に帰省して、ブログに書こうと思っていた事柄を考えていたが

メモをするのを怠り、書く前に覚えていたことを忘れてしまった(笑)

しかし写真を見ながら、妻と話していると思い出せました。

インプット大全を読んだのに、メモ取ることなど活かせて無いことが分かり反省です(笑)

夏の帰省

出発当日は、お昼ごはん後に仮眠を取るようにしてます。

昼寝を20分位すると脳の疲れが回復出来るので、長距離運転前には必須だと思います。

オススメですよ!

 

14:00に出発して到着するのが21:00だったので約7時間の運転。

休憩でSAには3回立ち寄り、19:30位に諏訪SAでソースカツ丼と坦々麺を晩御飯に頂きました。

担々麺の写真を撮り忘れてしまったが、両方共に期待以上の美味しさでした。

このSAに寄って晩ごはんが恒例になりそう。

 

SA内にあるフードコートは、映画「君の名は」で舞台となった諏訪湖を眺めながら食事が出来る。

もう有名で今更かもしれないけど、良いSAですなー。

乗鞍岳

お義父さんが乗鞍岳に連れて行ってくれる計画を、数ヶ月前から考えてくれていた。

乗鞍岳について

日本百名山のひとつ乗鞍岳は、北アルプス(飛騨山脈)の南端に位置し、剣ヶ峰(3026m)を最高峰に、23の峰と7つの湖、8つの平原からなる中部エリアを代表する名山です。

日本文化・伝統様式を楽しむ日本屈指の観光名所「飛騨高山」「飛騨古川」「白川郷」からのアクセス良好!

乗鞍岳ホームページ様より引用

 

妻から聞いた話によると、小さい頃に家族で頂上まで車で上り

お義父さんがお湯を沸かして入れてくれた、コーヒーとカップラーメンが美味しかったようです。

そんな思い出の場所に、私も連れて行って貰えるとは有り難いお話。

(今は頂上に行くにはバスに乗り換えます。車の乗り入れは出来ません)

 

「乗鞍」とグーグルで検索してみると、雲海の写真が沢山見れて期待が高まります!

私も頂上でそんな景色を見ながら、コーヒーとカップラーメンを食べたい(笑)

 

妻の実家から乗鞍岳まで車で3時間!

長距離運転の覚悟をしてましたが、当日のお義父さんは行きも帰りも

全て運転しようとする気合が感じられました。ありがとうございます。

6:30に出発して9:30に到着。後ろの席でほぼ寝かせてもらいました(笑)

 

ほおのき平スキー場へ車を止めて、そこから頂上へ登るバスに乗り換える。

普段は人があまりいないと聞いてましたが、その日はバス乗り場に100人を超える人が並んでいた!

それを見て頂上は諦めました(笑)前日が山の日だったからでしょうか?凄い人気でした。

 

ほおのき平スキー場も標高は高く、日差しは強かったけど風は爽やかで気持ち良い場所でした。

折角きたので近くをブラブラ。

夏のシーズンはスキー場じゃなく「ひまわり園」を運営していて

入場料は掛かりますが、多くの人もそちらに流れて来ているようでした。

そうなったら「映える写真」を!撮ろうと楽しめました(笑)

そして小さな人懐っこいヤギにも会えました。

このヤギの横線が入った様な目が、私は大好きで可愛いと思ってジロジロ見てしまいました(笑)

乗鞍岳の頂上には行けなかったが、近くのお蕎麦屋さんで食事をして温泉に入り帰宅しました。

家族・兄弟・友達

毎回、妻の実家に帰省するとお義父さんお義母さんが、どこかに連れて行ってくれたり

お義姉さんお義兄さんがBBQの準備をしてお腹いっぱいに、美味しいモノを食べさせてくれたり

何もしないで生活をさせてもらえる。そして毎回、帰宅してあまりのお土産の多さに驚く(笑)

 

帰省する度にお義姉さんお義兄さんとも、仲良くなりそれも楽しみの一つになっている。

その四人で話していると、あっという間に時間が過ぎていき話題が尽きない。

4人の歳がほぼ並んでいるので、共通の話題も多く

映画の話し、昔の軽自動車の話し、Kindle出版した話など永遠に続けられそう。

 

若い頃に経験していた、深夜のファミレスで盛り上がっている様な感覚。

この四人は家族、兄弟、友達とどれにも当てはまる貴重な存在だからなのかもしれない。

 

40歳位で妻を通じて知り合えて、今後の人生を考えても貴重で特別な4人になっていき

この先も力を合わせれば、何でも乗り越えられるんじゃないかと

帰りの車中に助手席で寝ている妻を見ながら、渋滞を乗り越えようとしている私でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました