7月読了のお勧め本と冊数「目標年間100冊アウトプット」 

読書

今年の目標:年間100冊を読むこと。そして100冊、ブログでアウトプットをすること。

この目標を達成するためには、毎月9冊の本を、読んでアウトプットする。

2019年7月 読了した本

2019年7月に読み終えた本はこちら

1,スタンフォード式 最高の睡眠 著者:西野精治

2,雑談が上手い人下手な人 著者:森優子

3,悪魔とのおしゃべり 著者:さとうみつろう

4,あなたの文章が劇的に変わる5個の方法 著者:尾藤克之

5,口下手のままでも伝わるプロの話し方 著者:ひきたよしあき

6,読書をお金に換える技術 著者:千田琢哉

(書籍、Kindle、アマゾンオーディブル含む)

 

7月も毎月の目標9冊を超えず、6月と同じ結果で6冊しか読めませんでした。

これで今年の読了は、58冊となりあと42冊です。

残り5ヶ月なので、8.4冊/月となります。

7月のお勧め本 2冊

「悪魔とのおしゃべり」

一番印象的に記憶に残っているのが「悪魔とのおしゃべり」です。

悪い奴はいつも笑っている。第6章より引用

読み始めてすぐに心に刺さったのが、この引用でした。

 

正義の味方は、いつも怒っているのに対して

悪いやつは自分の好きなことをして「イーヒッヒッヒ」と笑ってます(笑)

どちらの方が楽に生きてるでしょうか?絶対に悪い奴に決まってます。

 

では、何故正義の味方はいつも怒っているのでしょう?

それは「期待をしているから」です。

世の中を良くしようと期待、悪いやつを懲らしめて悪いことを止めさせようと期待

自分が世の中を良くしようと自分に期待、多くの期待を背負い怒っているのです。

 

そして、期待を裏切られたらどうなるかは、簡単に想像が出来ます。

良いことは何も無いと思います。

 

期待をしないから「どうでも良い」ではなく、自然体で楽に生きましょうという考えです。

前作の「神様とのおしゃべり」から続けて読むことをお勧めします。

「神様とのおしゃべり」佐藤みつろう 読書感想①あなたの常識は、誰かの非常識なのです。
この題名から、スピリチュアル的な本かと思ってましたが表紙のカバーをみると、可愛い神様と主人公が描かれていました。「教え」じゃなく「おしゃべり」なら、読みやすい本だと思い手に取りました。著者紹介さとう みつろう札幌の大学を卒業後、10年間エネ

「スタンフォード式 最高の睡眠」

もう一冊は「スタンフォード式 最高の睡眠」です。

気づかないうちに貯まる眠りの借金。それが睡眠負債なのだ。第2章より引用

人生の1/3は睡眠時間です。これほど時間を使うのに睡眠に付いて

詳しくありませんので、勉強したいと思いました。

 

この引用が一番、刺さりました。

これまでは、少しの寝不足も次の日に早く寝れば良いと思ってましたが

「不足」ではなく「負債」となると、足りない時間よりも多くの時間が必要になります。

 

毎日、必要な時間を睡眠に取り、質も上げたいと思わせてくれました。

この本を読むと、やり方が分かります。

 

と言いつつ、夜中に猫のイギーが「ミャーミャー」言って起こしてきたり

猫パンチしてきて起こされたり、質は良くない状態かも知れません(笑)

負債が貯まっているか心配になってます(笑)

「スタンフォード式最高の睡眠」 西野精治 読書感想①睡眠不足ではなく睡眠負債という考え方。
「人生の1/3は睡眠」っという言葉を聞く度に睡眠を少しでも削って、他のことに使えたら超人的な才能あふれる人間に、なれると思ってました(笑)著者の紹介著者は、西野精治(にしの・せいじ)さん。1955 年大阪府出身。1987 年、当時在籍してい

目標を変更

これまで年間100冊の読書と、アウトプットを目標にしてきましたが目標を変更です。

5月から出版セミナーの企画書を考えたり、Kindle出版を目指すため時間が足りなくなりました。

7月よりKindle出版を目指して、日々勉強中です。今の目標は「Kindle出版する」です。

 

元々100冊のアウトプットは、何のためにやっているかと言うと「自己成長」の為です。

自分の中では、次の段階が来て読書だけじゃなくKindle出版して

学びの場を広げるタイミングだと感じ、さらなる自己成長が出来るとワクワクしてます。

もちろん読書は相変わらず、大好きなのでアウトプットも続けますが

100冊アウトプットよりも、Kindle出版に力を注ぎます。

 

応援してくれる方の声も、グイグイと背中を押してくれて本当に力になります。

有難うございます。

 

そして「離婚ショック回復術」が8月5日に完成しました。

表紙やタイトルなど、決めるのに時間がかかりましたが

自分で出す!と決めると早く出したくなり、推敲を重ね出版することが出来ました。

有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました