パソコン

あなたも好きになるかも?「USキーボード」をオススメする3つの理由。

JISキーボードに慣れている人が、初めて「USキーボード」を使うと、思うように動かせずにストレスを感じます。

イギ丸
イギ丸
JISキーボードではなく、USキーボードの方が好きという人もいるけど、何が良いのか?知りたいニャ。
アガイ
アガイ
初めて買ったChromebookというパソコンが「USキーボード」でした。使い慣れたJISキーボードじゃないので、失敗したと思いました。しかし、思うように動かせるようになってくると、使いやすくて好きになります!

USキーボードをオススメする3つの理由

暗い部屋にパソコンが置いてある

以下が「USキーボード」を、好きになった理由です。

  1. 慣れるとタイピングが早い。
  2. 何よりキーボードがカッコいい。
  3. 自分に向いているか確認できる。

以上の3つです。この理由でJISキーボードには、戻れない体になりました(笑)

理由をそれぞれ説明していきます。

①慣れるとタイピングが早い。

キーボードのレイアウトが、英語ベースで作られている。アルファベットが日本語より少ない為、キーの数も少なくなりキーの配列も異なる。

そのためにホームポジションである「Fキー」や「Jキー」が、JISキーボードよりも中央になりストレスなくタイピングができる。

ASUSのUSキーボード

一見わかりにくいが、JISキーボードは左寄せ、USキーボードは中央寄せの配置になっている。

このため、JISキーボードと比べると「BackSpaceキー」と「エンターキー」が、ホームポジションからキー1個分近い配置になる。良く使うキーが近くにあると、それだけで手の移動距離が少ない。

手の移動距離が少なくなるということは、効率も上がりタイピングが早くなるのです。

イギ丸
イギ丸
タイピングが早くなるなら、使ってみても良いニャ!早く打ちたいニャ!

②必要なものしかなくて「カッコ良い」

JISキーボードを、改めて見てみる。

LenovoのJISキーボード

明らかに「ゴチャゴチャ」している。

その原因は、エンターキーが独特な形で大きかったり、単純にキーの数が多かったり、色々思い浮かぶ。その中でも、一番目を引くのが「ひらがな」がキーに印字されていることだろう。

 

さらに「変換」関連のキーが多い!

ボクはスペースキーで変換を行っているが、その横にはご丁寧に「変換キー」があり、さらに「無変換キー」まである!

そして、ファンクションキーでも変換可能だということを考えると、変換関連でこんなに必要!?と思ってしまう。いや本当に!

 

この変換関連のキーの多さは日本独自の進化で、JISキーボードは「ガラパゴスキーボード」と呼ぶことにする(笑)

日本ならではの進化をして、丁寧に細かいところまで手が届くキーボード。

100%使いこなしている人からすると、便利なものなのかもしれない。

しかし、もう少しだけキーを減らしてスッキリさせた方が、カッコいいキーボードになる。さらなる進化を期待したい。

 

一方、USキーボードを見てみると、キーには必要最低限の印字しかない。

エンターキーも大きくない、スペースキーの周りも、スッキリとした配置になっている。

電源ボタンを、Deleteと間違えて押しそうになるけど(笑)スマートでカッコいいのだ!(慣れれば大丈夫)

 

下の写真はアップルのUSキーボード。周りのフチも少なくて、無駄が無い雰囲気がカッコいい。

AppleのUSキーボード
イギ丸
イギ丸
この男一匹イギ丸。毎日使う道具こそ、こだわって選ぶニャ。

 

「USキーボード」に触れることで、これまで当たり前に使ってきた「JISキーボード」の特徴を知ることができた。

日本人用に使いやすく進化してくれたことに、感謝の気持ちが湧いてくる。そこに気付くことができて、嬉しくも思う。

USキーボードが失敗だと思い、イラッとしてすぐに返品しないでよかった(笑)

③自分に向いているか確認できる。

USキーボードのパソコンを、返品しようか迷いながら数週間が経過した。

文章を打ち込むのは、問題なく使えるようなってきた。すると、単純に「JIS配列のキーボードしか使えない」から、「USキーボードも使える」ようになった自分に成長を感じる。

 

初めてUSキーボードに触れたとき、「いつもと違うから無理」と思ってしまった。

しかし、この「JISキーボードしか使えない」という、先入観に凝り固まっているのはもっと嫌だと感じて使い続けた。

インターネットで調べて、より自分の使いやすい設定にしていく。すると「USキーボード」の方が、使いやすくて自分には向いていることに気が付く。

 

もちろん、人によって向き不向きがあって、全ての人にUSキーボードが合っているとは言い切れない。しかし、一度くらい試して見る価値はあると思う。

これからどれだけの時間を、そのキーボードと共にするのか?

もし「USキーボードの方が自分に向いていた」ことを想像すると、試さずにはいられないだろう。

 

慣れるまでストレスは感じるけど、成長することを考えると楽しくなってくる。

毎日同じことをやるのではなく、コンフォートゾーンを抜け出して成長しよう!

イギ丸
イギ丸
アガイ!暑苦しいニャ!途中まで良かったけど、最後イラッとするニャ!

オススメのカッコいいキーボード

JISキーボードのパソコンだけど、外付けでも「USキーボード」を使ってみたいという方に、紹介したい製品です。

 

やっぱり、結局、という言葉が出るが、Apple製はスッキリしていてカッコいい。

 

 

テンキー付きのフルサイズなら、2,700円で買えるこちらがオススメ。フルサイズでもスッキリした印象になる。

初めて買ったChromebookがUSキーボードだった。

暗い部屋にカラフルな画面のパソコン

今回は、妻が「パソコン欲しい」というので、Chromebookを購入しました。何故なら安いから!(笑)使い捨て感覚で、さらに安い物を探そうとAmazonアウトレット品でさがしました。

初めての「Amazonアウトレット」の記事は、こちらです。

 

妻と一緒に設定してくと、キーボードが思うように動かない!それが「USキーボード」だったのです!

これまでJISキーボードしか、使ったことがないので「@」すら入力できないのです!

 

後々分かるが、簡単な設定変更で「@」は入力できた!詳しくはこちらの記事に書きました。

 

初めてのUSキーボードで、思うように動かせず妻の心は折れました(笑)

私も返品して、JISキーボードのパソコンに買い替えようか迷いました。しかし設定をいじると、使いやすくなることに気が付いたのです。

さらに、慣れると「USキーボードの方が好き」になります。

 

ということで、今回はその理由を書きました。

これからパソコンを購入しようするときには、「USキーボード」を思い出してみてください。ご参考までに!

ABOUT ME
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。