PlayStation

《デジモノ》「PS4の型番比較」外箱と本体にも記載されてます。

赤いバックに赤いPS4コントローラー

所持されているPS4の型番を知ってますか?ボクは知りませんでしたが調べて見るとすぐに分かりました。発売されてすぐに入手したので一番古い型番でした(笑)

最近ウチのPS4とPS4Proと立て続けに壊れ修理に出したのですが、そのときに自分の持っているPS4の型番を知っておく必要が有りましたので型番の記載場所とこれまでの型番の違いをまとめました。

型番の記載場所

オンライン修理」に申し込むと、PS4の型番を聞かれます。

その時初めて自分が型番という存在を知らない事、自分のPS4のことを知って無いことが分かります(笑)

買った時の書類に書いてあるだろうとと思い、書類を探しましたがそんなモノは無いです(笑)それならば外箱に書いてあるんじゃ?と思い見てみると書いて有りました!

PS4の外箱

この写真では文字まで確認出来ませんが、赤い枠の中のHDDの容量が表示されている横に型番も表示されてました。

そして外箱が無くても本体に記載されてます!型番別に表示します。

CUH-1000系

本体の裏側に書いて有りました(笑)私と同じ初期型のPS4をお持ちの方はこの場所を確認してください。

PS4の型番記載位置

出典:PlayStation公式ページ様より

CUH-2000系

PS4Slimの型番は背面の電源コードを差し込む横に記載されてます。

PS4Slimの型番記載位置

出典:PlayStation公式ページ様より

CUH-7000系

PS4Proも背面に記載されてます。電源コードを差し込む上にあります。

PS4Proの型番記載位置

出典:PlayStation公式ページ様より

忘れそうなときはスマホで写真を撮っておくと手軽に確認出来ますね。

ノーマルPS4 CUH-1000系

PlayStation4の型番を調べてみるとノーマルが3種類、スリムも3種類でProも3種類ありました!

 

この1000番台が初代から始まる型番です。ハードディスクドライブは500GB。現在は全て製造終了品となっております。

CUH1000型

発売日:2014年3月 定価:39,980円

初代PS4。現行の最新型と比べると消費電力も大きく価格も高い!今回壊れたウチのはコレです(笑)

今振り返るとPlayStation4Proの最新版が、丁度同じ値段になってます(笑)6年も経過するとコストも進化するのです。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 

因みに最近故障したので修理に出しました。こちらの記事にまとめてあります。

PlayStationのロゴ
《デジモノ》PS4の電源が入らない!SONYへ修理に出してみた。ウチにはPS4Proとノーマルがありますが、今回はノーマルが壊れました。 その時の内容を書きましたので、同じ症状が出ましたら修理を...

CUH1100型

発売日:2014年9月 定価:39,980円

CH1000型のバクやエラーを改修したモデル。初期不良を改善したようなマイナーチェンジで、それ以外は変更なし。

CUH1200型

発売日:2015年6月 価格:39,980円

同年の10月1日より34,980円に値下げとリニューアル!これまでの型番よりも約300g軽くして、消費電力を約8%削減、HDDに1TBのモノを追加。電源ボタンとイジェクトボタンもタッチサンセーから物理ボタンに変更となりました。

ボタンは好みですがタッチセンサーの方が私は好きです。忘れてグイグイ押してしまう時がありますが(笑)

PS4Slim CUH-2000系

従来のPlayStation4とは違う新たな「PS4Slim」として登場。コンパクト化されて更に値下げしたモデルになってます。

CUH2000型

発売日:2016年9月15日 価格:29,980円

従来のPlayStation4からの違いをまとめます。

  • 5,000円の値下げして2万円台に。
  • 約2.1kgまで軽量化(CUH-1000:約2.8kg)
  • 消費電力を約30%削減
  • 縦横の大きさが小さいサイズになり1cm以上薄くなった。
  • Wi-Fi接続で”ac”が追加され高速化が可能に。
  • 光デジタル出力端子の削除
  • 付属するコントローラーDUALSHOCK4も変更

コントローラーはCUH-1000系で付属していた「CUH-ZCT1J」から「CUH-ZCT2J」に変更。

新しい型番のモノは下の写真の様に、持っている状態でLEDライトバーの色が確認できる。その他、表面側の素材が光沢からツヤ消し加工に変更。有線によるボタン入力が可能になった。

PS4コントローラー

本体ではなくコントローラーのDUALSHOCK4も不調になりました。原因はバッテリーでしたので自分で交換しました。その時の記事です。

PS4コントローラー
《デジモノ》DUALSHOCK 4が壊れて私もショック!バッテリー交換。PS4を入手してから気が付けば6年経過してました。6年も経過すると、段々とコントローラーの様子がおかしくなってきます。 更にコロナ...

CUH2100型

発売日:2017年7月29日 価格:29,980円

PS4Slimの初代から初期エラーなどを改善され約0.1㎏軽量化したマイナーチェンジ機種。公表上のスペックや性能は初代PS4Slimと同じとなる。

CUH2200型

発売日:2018年7月2日 価格:29,980円

公表するスペックは先代のPS4Slimと全く同じなので、内部パーツだけ変更した最新マイナーチェンジバージョンと思われる。

いまPS4Slimを買うならこの型番が最新なので確認することをお勧めします。

PS4Pro CUH-7000系

ハイエンドモデル(上位機種)のPS4。ウチでは初めて修理に出した機種です(笑)その時の記事です。

PS4 コントローラーと本体
《デジモノ》爆音のPS4Proを修理に!修理金額と期間。PS4のファンが「爆音」になって、どうしようか悩んでいませんか? 私も数ヶ月前に同じ悩みを抱えてましたが修理に出しました!その時の...

CUH7000型

PS4Pro 発売日:2016年11月 価格:44,980円

これまでのPS4との違いをまとめます。

  • CUH2000型の2倍近くの性能を誇る。グラフィック面の性能に優れ4Kに対応。
  • テレビが4KでHDR対応、ソフトが「PS4 PRO ENHANCED」対象の場合には最大限の映像を引き出せる。
  • リモートプレイ・シェアプレイにおいて最大1080pの解像度でゲームのストリーミングが可能。
  • ブーストモード搭載でこれまでのPS4用ソフトでもグラフィック向上・安定化、ロード時間の短縮が可能。
  • スーパーサンプリングモード搭載で、4K解像度対応ソフトの一部が、4K未満の解像度のテレビで出力する場合でも画質が向上する
  • 光デジタル出力端子が復活。

ただしCUH2000型よりも価格、消費電力、大きさ重さなどが大幅に上がっている。

CUH7100型

発売日:2017年10月 価格:44,980円

初代PS4Proの初期エラーを修正したマイナーチェンジモデル。0.1㎏ほど軽量化されているが公表上の性能は同じ。

CUH7200型

発売日:2018年10月 価格:39,980円

44,980円→39,980円に5000円の値下げを決行して、消費電力が310W→300Wに省エネ化された。その他スペックに変更はなし。

今PS4Proを買うならこの型番を確認することをお勧めします。マイナーチェンジで公表されてませんが、内部の冷却ファンなどに変更があったようです。

調べてみると初期型のPS4Proは(私の持っている型)は冷却ファンが唸ります(笑)

まとめ

自分で記事をまとめながら、PlayStation4の歴史を振り返った気分になりました(笑)こんなに種類があったとは知りませんでした。

型番を調べずにPS4Proを購入していた自分が恥ずかしいです(笑)

 

今後もPlayStation4がマイナーチェンジなどで新しくなるのか?PlayStation5が出て4はこれが最後のナンバリングになるのか?気になるところです。

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。