ネコのイギー様

《猫生活》猫の毛の種類。ダブルコートは抜け毛が多い!

猫が横たわる

2019年3月に保護猫だった、「イギー様」を譲渡してもらい一緒に暮らしています。

「ジョジョの奇妙な冒険」が私も妻も大好きなので、猫なのに「イギー」です(笑)(漫画では犬の名前)

春に譲渡して頂いてから夏にかけて、変わっていくイギー様の見た目が気になり、猫の毛について調べてみました。

日本猫のイギーさま

カーテンから出てくる猫

3月に譲渡して頂いてから春を迎え温かくなり、そして夏になりイギー様の抜け毛は激しくなります!

頭から尻尾までゆっくり撫でるだけで、手には数十本の毛がくっついてきて、更に束になった毛がフワフワと宙を舞っています(笑)この時期は撫でるとこうような状態になるので、撫でたい気持ちと掃除が面倒くさい気持ちで葛藤します(笑)

 

季節が変わり気温が上がったので、ドンドン抜けさせようとしているのでしょうか?しかし一日中冷房の効いた涼しい部屋にいて、そこまで暑さを感じないはず。

感じた温度は関係なく、時期により抜けたりするのかと気になってしまいましたので調べてみました。


猫の毛の種類

猫の種類によって、毛の種類や長さも変わってきます。

毛の種類

猫の毛は大きく分けて、2種類に分けることが出来ます。

オーバーコート

固くてしっかりした毛で、直射日光や摩擦などの刺激から、皮膚を守る役割があり、更に防水機能もあり細菌からの感染予防に効果が有ります。

アンダーコート

密度が高くしなやかな毛で、保温をする役割があります。そのために換毛期(かんもうき)になると、アンダーコートが沢山抜けて夏向きの涼しい毛の構成に変わります。

 

このように2種類の毛があり、猫種によって両方を持っていたりします。換毛期によって抜けているので、温度よりも時期的なモノという事がわかりました。

生え方の種類

次に毛の種類ではなく「生え方」の違いです。

シングルコートとダブルコート

南の温かい地域で誕生した猫種は、シングルコートが多いようで、抜け毛も少ない猫になります。しかし日本に生息している猫は、ほとんどがダブルコートです。

アンダーコートとオーバーコートが生えていて、換毛期(かんもうき)になるとアンダーコートの毛が抜け落ち、夏に向けて涼しい体になっていきます。

ソファーでペロリとする猫

ちなみにウチのイギー様も、ダブルコートなので秋と春に毛が抜け替わります。

毛の長さと猫種

短毛種の猫種
  • アメリカンショートヘア(ダブルコート)
  • アビシニアン(ダブルコート)
  • ロシアンブルー(ダブルコート)
  • ブリティッシュショートヘア(ダブルコート)
  • シャム(シングルコート)
  • ジャパニーズボブテイル(ダブルコート)
長毛種の猫種
  • ノルウェージャンフォレストキャット(ダブルコート)
  • ペルシャ(ダブルコート)
  • メインクーン(シングルコート)
  • ラグドール(ダブルコート)
長毛、短毛がいる猫種
  • マンチカン(ダブルコート)
  • ラパーマ(ダブルコート)
  • スコティッシュフォールド(ダブルコート)

 

ほとんどの猫種が、ダブルコートということがわかると思います。ただし個体差が有るので、全ての猫ちゃんに当てはまるとは言いにくいです。

キャットタワーを登る猫の後ろ姿

猫の毛はコマメ掃除!

「猫を飼う」と思った時に、一番気になるのと思ったのが猫の毛!猫の毛から発生する、猫アレルギーも怖くて猫を飼うことを諦めてました。

譲渡されるまで

昔、友人の家に遊びに行った時に猫がいて、見た瞬間からくしゃみ鼻水が止まらなくなり、更に涙も出てきてすぐに帰りました(笑)

その経験から自分は猫アレルギーを持っていて、猫と一緒に生活することは諦めていました。

しかしTwitterで流れてくる、可愛い猫ちゃんの画像や動画を毎日見ていると刷り込み効果でしょうか?サブリミナル効果なのでしょうか?日に日に飼いたい気持ちが大きくなっていきます。

妻に相談してみると一度きちんと検査してみようと!言うことで、妻と二人で病院に行きアレルギー検査をしてもらいました。結果はアレルギーはなしです!

午前中に病院に行き結果を聞き問題無い事が分かったので、丁度同じ日に行われていた保護猫ちゃんの譲渡会へ参加してみました。そこで出会ったのがイギーさまです(笑)

相談してから一週間後に、一緒に生活をしている事になるとは!自分でもビックリでした(笑)

ソファーで寝る猫

アレルギー物質が溜まっていく

猫がウチへやってきてから、色々調べてみると「猫アレルギー」は突然発症することもあるらしいのです。それはネコの毛にくっついた「アレルゲン」が原因です。

ネコの毛が部屋に沢山集まると、「アレルゲン」も沢山部屋に溜まってしまいます。ウチでは猫アレルギーを発症しないように、ネコの毛に気がついたらコロコロと掃除機ですぐに掃除するようにしてます(笑)

また抜けた毛が落ちていると、ダニの温床にも繋がり猫アレルギーとは別のアレルギーや病気の発症する可能性にもなります。

お勧めの掃除方法

猫との生活が始まってから、驚いたのがエアコンのフィルターに猫の毛がくっついてました。

これは空気中に猫の毛がフワフワ浮いて、そのうちエアコンに吸い込まれてしまったと考えられます。つまり床だけじゃなく、部屋の空中を猫の毛は自由に移動してます(笑)

いくら床を綺麗に掃除しても、壁や照明器具、エアコンの上から毛が落ちてきて猫の毛と「イタチごっこ」になってしまいます。

やはり掃除の基本で高いところから初めて、引くところでまとめてゴミや毛を取って捨てるに限ります。

くつろぐ猫

その他に気になった時に、すぐに掃除出来るようなグッツです。

パクパクローラー

普段はこちらを側に常備しており、猫の毛を一本でも見つけたらすぐに出動しております(笑)

どこでもコロコロ

ソファー等平らなところでは、パクパクローラーが大活躍してくれます。しかしコタツの布団などはやりにくいのでコロコロも合わせて常備してます。

フローリングにラグを置いているので、専用では面倒くさいので「どこでも」が気に入ってます。

お掃除ロボット ブラーバ

ブラーバが一番お勧めです。それまでは床のホコリや猫毛が気になると、すぐにクイックルワイパーを掛けてましたが、ロボットがやってくれるので、時間短縮になります。

またクイックルワイパーも装着できて、使い捨て出来ますので便利でコマメに掃除することが、簡単に出来るようになりました。

なによりも、お掃除ロボットと猫はセットモノです(笑)初対面した時には、必殺の猫パンチを連打してました(笑)

脱臭機 プラズィオン

こちらは掃除とはちょっと違いますが、ペット用モデルで脱臭+集塵機です。空中に浮いている猫の毛も集めてくれます。家に帰るとこの装置の側に、束になった猫の毛が落ちていることがあり、集めてくれた毛を掃除機で吸うだけになります。

また脱臭機能も優秀で、ペットを飼っていない人が家に来ても、気にならなくなります。



冬の猫の毛

冬になってからイギーさまが「モフモフ」してきました。

猫 + 冬 = 最強 という方程式が完成です。家に帰る度にお腹を見せてくれるので、顔を埋めてモフってます。想像すると今日も早く帰りたい(笑)

 

冬になるまでは、警戒心も強くて一緒に寝ることも諦めてましたが、11月位からの寒さには警戒心よりも温かさを求めるようになり、寝ている私の肩に猫パンチをしてきて、布団に入れろと言ってきます(笑)

布団に入って行くとクルッと向きを変えて、私の腕にアゴを乗せて寝てくれます。最高です(笑)

寝ているときだけ、好きなだけ撫でることが出来るようになり、猫と一緒に暮らす事を実感しております。そのうちもう一匹、増やしても良いかな~と思うこの頃(笑)



ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。