ネコのイギー様

保護ネコの警戒心を和らげる方法。

警戒心が強い保護ネコ

3月から家に保護猫が来ました。家族の一員に加わってくれました。

初めての譲渡会に参加して、保護主さんと話が進み、譲渡してもらえました。

 

名前は「イギー」です。

ジョジョの奇妙な冒険が大好きで、正義のヒーローの様な

賢くて、勇敢な犬から名前だけをもらいました。

これを説明すると、だいたい「犬!?」と言われます(笑)

 

始めの数日は、ケージから出しても、そばに来てくれません。

机の下や、テレビ台に置いてあるPS4の上に乗っかったり

カーテンの裏に隠れて、そばに寄ってくれません。

こちらとしては、撫でまくりたいのに(笑)

 

一定の距離をおいて、こちらが立ち上がったりすると

ビクッとして、ササッと隠れてしまいます(笑)

 

しかし、一定の距離から遠くへ行くことも無く

なんとなく、そばにはいる感じです。可愛い(笑)

警戒心の原因

数日経っても、一定の距離に変化は無く

夫婦2人で、嫌われているのかも?と心配になります(笑)

 

唯一ケージの中に入っている時は、撫でさせてくれます。

狭くて囲われていて、安心するのでしょうか?

 

念の為保護主さんへ「隠れてばかりです」と相談すると

保護した時も、そうでウチでも隠れてましたよ。と言ってくれました。

ウチだけじゃ無かったんだと一安心。

そして保護された時の状況を、教えてもらうと納得できます。

 

保護された時は、空き地の様なところに捨てられていて

カラスや他のネコに、襲われていたらしいのです。

 

肘に怪我もしていたので、1周間位は薬を飲ませてました。

そのせいで警戒心が強くなり、なかなか心を開いてく無くなっていると思います。

 

カラスと聞いて、数日間の行動を思い出しました。

家の中でも「屋根」のあるところで落ち着いてます。

 

ソファーの下だったり、テレビ台の中、カーテンの中等。

そして思い出すと、上をよく見ていたのは、カラスを探していたのかも知れません。

 

怪我をするほどに、襲われていたと思うと

泣きそうになりますね。

引き寄せるには

CMでもお馴染みの「ちゅーる」をあげてみました。

保護主さんも、一つの作戦としてこの製品を教えてくれました。

 

チューブから少し出して、指先においてみると

警戒しながら近寄って来て、ペロペロと食べてくれました。

これは「美味しい」と理解したのでしょうか?(笑)

段々と引き寄せて、近くに来てくれます。

 

しかし警戒は解かず(笑)「ちゅーる」が無くなると

また、一定の距離を保ちます(笑)残念。

しかしその距離が、ほんの少し近くなった気がします。

 

ソファーに座りまだまだ、「撫でまくる」のは無理だと

諦めいた時、突然ソファーに登ってきて

座っている私の太ももに、スリスリと体を寄せてくるのです。

 

一分間位でしたが、心を開いてくれた瞬間のようで

感動して、泣きそうになってしまいました(笑)

 

距離を近づけるために、気をつけた事。

  • 大きな声を出さない・・・大きな音も、ビックリして警戒します。
  • 急に動き出さない・・・急に動くとビックリして警戒します。
  • ご飯を手からあげる・・・ごはんをくれる人と認識されます。
  • 目が合ったら、ゆっくり瞬きをする・・・そのまま見ると威嚇に思われます。
  • 追いかけない・・・ケージに入れるのに追いかけて、しまいましたが警戒します。

それからは、毎日距離が縮まってます。

まだ膝の上には乗ってくれませんが、時間の問題と思ってます。

これもネコちゃんに依って、時間も変わると思うので

諦めず、無理せず愛情を注ぎましょう。

ネコ頂いて地固まる。

保護猫を譲ってもらってから、色々な感情がありました。

イギーばかりにかまっている様になり、妻と喧嘩もしました(笑)

 

多分、ネコはいないほうが、楽な事は多いと思います。

でも楽な道ばかり選んで、何が人生だろうと思うので正解です。

デコボコな人生の方が、楽しいに決まってます。

 

妻と喧嘩しても、その後より仲良くなれるし

一人でお風呂に入っていて聞こえてくる

妻「どうしたの~?」

ネコ「ミャーミャー」

妻「お腹空いたのねー」

ネコ「ミャーミャー」

なんて幸せな会話だろうと思えました。

 

ネコが来ただけで、生活は変わりましたが

新たな妻も自分も、見れた気がします。

3人家族の絆が深いものに、なったと思えました。

 

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。