セミナー参加他

樺沢紫苑ウェブ心理塾セミナーに初参加。コンフォートゾーンを出よう!

晴れ渡る山道

樺沢紫苑先生のウェブ心理塾へ入塾し、セミナーに参加してきました。

当日までの間、変な緊張と過大な期待が入り混じった

よくわからない気持ちでいました(笑)やっと迎えた当日です。

初めての参加

さて何のセミナーに、参加したかと言うとこちらです!

樺沢紫苑先生のブログを見たら、この画像と共に

「本気で出版したい人を募集します!」という言葉があり

私の心に深く刺さりました。

 

しかし参加を決めるまで、少し時間がかかってしまいました。

まだ自分には早いし、来年でも良いかと、見送ろうか悩みました。

今思えば、何を悩んでいたのだろう?と思います。

 

今回のセミナー参加を決めてから、目的が明確になりました。

  • 本の出版に挑戦すること。
  • 「コンフォートゾーン」から出ること。
  • 自分を知ること。

新しい気付きがある

前回の記事にも書きましたが、普段の生活には無いことをやると

コンフォートゾーン(快適領域)を出ることになります。

https://wp.me/partsH-A5

 

実際に住んでいる場所から、電車に乗って都内に行くのも滅多に無いこと。

本当の生活ゾーンからも出ます(笑)

 

セミナーに参加すると決めただけで、緊張と期待をして余計なことが

頭の中をグルグルしてました。どれだけメンタルが弱いのか(笑)

 

しかし、その頭をグルグルしている中にも

自分のビジョンに向けて、動き出せたことを褒める自分がいたり

本が売れすぎて、家バレして妻にも迷惑かけたらと

行き過ぎた妄想をする、馬鹿な自分がいたり(笑)

今まで知らなかった、自分も知ることが出来ました。

向かう方向が間違っていた

いよいよセミナー当日。

13:30から開始だったので、余裕を持って13:00に到着。

 

会場の前の待合室には、塾生の方々が十数人待っていました。

その塾生達を見るだけで、自分よりも「凄い人達」の様に見えて

場違いじゃないか?とまた弱気なメンタルを密かに発揮してました(笑)

 

セミナーの内容は細かく書けませんが、何個かの気付きをアウトプットしておきます。

サンクチュアリ出版の吉田麻衣子さん

「本を出版するのが夢です」はNGワード

私はこのワードを何度か言ってました(笑)お恥ずかしい限り。

本を出すのは手段で、目的は何を世に伝えたいかですね。

お陰様で自分の向かうべき方向が、ハッキリしてきます。

 

説明は速さで決まるの著者 中村圭さん

「最高に楽しくて最高に辛い」

執筆されていた時のお話でした。

辛いことも乗り越えて本が完成したからでしょうか、楽しそうに話されてた様に見えました。

こんな体験を自分もしてみたいです。

 

その他、ここでしか聞けないことばかり。

内容が濃厚すぎて、ずっとノートにメモしながら

ウンウンと頷いていた気がします(笑)

 

そんな4時間半は、あっという間に過ぎてしまいました。

更にゾーンを出てみたら仲間がいた

人見知りな私ですが、セミナー終了後の懇親会まで参加させてもらいました。

過去にこういった会で、自分から喋れず、後悔して帰ることを

何度か経験してましたが、今回は同じ目標を持った仲間だと思い勇気を持って

コンフォートゾーンをさらに出てみました。

「アウトプット大全」の説明では、危険ゾーンにもなりますが(笑)

 

しかしそこには、仲間がいました。

Twitterで何度かリプを交換したことのある

宇久理笑@ボクシングジムさんを見かけて「ああ有名人!」と思ってしまいました(笑)

 

早速、勇気を持って「アガイです」と言ってみると

その周りには、相互フォローしていた

みろく#心豊かに暮らすさん、たじま@ミニマルなマジシャンさん、HiroMoさんが!

私の事を知っててくれて「アガイさん!?」と声をかけてくれました。みんな優しい!

Twitterをしてて良かった!と何度も言ってしまいました。

 

その他にも、その場で相互フォローしてもらえた方も数名いて

それだけでも、収穫の多い懇親会になりました。

 

知り合った方々と話をしたり、あとからプロフィールを見てみると

みんな凄い人ばかり!

 

またもや弱いメンタルを発揮して、不安になりそうですが

逆にこのビハインドを反骨精神で挽回し

気合の入った企画書を、書いてやろうと思えた熱い夜になりました。

 

当日、お話をしてくれた方、他の方に紹介をしてくれた方

ちゃんとお礼も言えずにすみません、有難うございました。

 

裏しおんちゃんにも会えました(笑)これ欲しくなりますね(笑)

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。