ビジネス本

「健康の結論」堀江貴文 読書感想 AEDの場所を把握しましょう!

堀江貴文さんの著書「健康の結論」読書感想です。

この記事では、引用からの気付きを5個掲載し、最後に私が思うアウトプットポイントを

書いてますので本の内容を理解できます。気になったら購入をオススメします!

この本との出会い

この世で一番大切なのは「時間」だと思ってます。

健康になるということは、怪我や病気と無縁の時間を作り出し

更にその時間を伸ばして、好きな事にその時間を費やせるということなんだと思います。

 

その「健康」になるための本を、堀江貴文さんが書いているのは気になるので手に取りました。

 

堀江貴文さんが書く本はどれも面白いです。こちらの本もオススメです。

「君はどこにでも行ける」堀江貴文 読書感想・引用・気付きこの本との出会い ズバリ、表紙と題名が気に入った!から読みました(笑) 手に取りたくなりますよね? 著者に...
堀江貴文「多動力」堀江貴文さんの「多動力」を読んで。 AmazonPrimeのKindle本コーナーを見ていて発見。 prime会員無料のベストセ...

目次・内容

はじめに 高パフォーマンスで人生100年時代を生きる戦略
第1章 働き方のアップデート法(次世代を生きる)
第2章 生きるモチベーション(メンタル管理と自殺予防)
第3章 命を救う行動力(心臓突然死を防ぐ)
第4章 がんで死なないために(病気予防の考え方)
第5章 脳をクリアに保つ(脳血管疾患を防ぐ)
第6章 いま知っておくべき「HPV」とは?(産婦人科医に聞いた話)
第7章 歯周病予防で全身を守る(日常習慣を変える)
第8章 ホリエモンの予防医療サロン(落合陽一編)
おわりに 予防医療で人生のワンクリックを減らす

引用・気付き 5個

先進7カ国で、自殺が事故死を上回るのは日本だけである。

第4章より引用

一昔前、平成10年頃から平成23年まで日本の自殺者件数は3万人を超えてが

今は2万人を少し超える数字になり、減少傾向にある。

 

遺言書などがあれば別だが、そうじゃない場合は自殺の原因は

色々な原因が絡み合い複雑になり、特定することが難しくなっている。

 

私も過去に離婚ショックの孤独と不安から、自殺を考え続けていたことがあり

自殺は他人事と思えない話題です。

数ヶ月間にKindle出版したもの離婚が原因で、自殺する件数を減らしたい気持ちがある。

 

私の周りには自殺した人はいないが、今や5人に1人が「残された人」になる計算になるらしい。

自殺した場合、本人も辛いとは思うが

それ以上に残された人も、想像が出来ない程の苦悩があると思う。

伝えたかった言葉や思いを、一生抱えて生きていく。

私が実行出来なかった、理由の一つはそれです。

 

なぜ日本の自殺率が高いのかは、未だわかっていないのも怖いが

働き方改革が開始されて、件数が減少していく様に祈りたい。

助けを求める力が、低下している。

第4章より引用

私の友人も離婚したとき、何も連絡をしてくれませんでした。

高校から親しくしていたのに、なぜ連絡してくれなかったのだろう?と悩みました。

 

そして今度は自分が離婚した時、直接あって離婚した事は友達に伝えたが

「辛いから助けて!」と言えなかった。

 

どうしたら自分が助かるのか?わからないし、何をしてもらいたいのかも良く分からない。

何よりも追い詰められた状況に、自分を追い込んでしまったことを恥じていて

恥ずかしいから自分自身の力で、なんとかするべきだと思い簡単に言えなかった。

 

もし周りに離婚した人や辛い事情を抱えた人がいたら、自分の時を思い出し

話しかけたり、連絡を取り助けたいと思う。

「死にたい」と言う言葉、実は死にたいくらい辛いが

この辛さが少しでも和らぐのであれば、本当は生きたいという意味。

第4章より引用

離婚直後には毎日が、死にたいくらい辛いと思っていたけど

「もう死にたい」と言ったらドン引きされるだろうなと、誰にも言うことは出来なかった。

安心して「死にたい」と言えて相談ができる、相手や場所があることが大切になる。

 

この引用からすると、話を聞いて少しでもその気持が和らぐことが出来れば

死にたいから、生きたいに気持ちが変わるのだと思う。

 

過去の自分がもし目の前にいたら、痩せこけて表情も暗く不気味な雰囲気に

なっているとは思いますが(笑)「大丈夫?」と声をかけて話を聞きたいです。

何も行動起こさないのは、最悪の選択肢なのだ。

第5章より引用

緊急時には積極的にAEDを使おうと言うお話でした。

因みにAEDとはAutomated External Defibrillatorの略で、日本語訳は自動体外式除細動器です。

 

街の施設で、たまに見かける様になってきましたが、イザという時に

AEDの使い方が分からなくて、間違えてしまったらどうしようという思い使われず

そのまま亡くなってしまう人が、まだまだ多いそうです。

 

もし必要になった時には、機械からもアナウンスが流れたり

119番に電話すれば使い方を指示してくれるので、心配はいらないそうです。

 

1分経つごとに助かる可能性が、10%低下していくので時間との勝負になっていく。

倒れた人がいたら、まずは行動起こさないと助かる命も助からなくなるので

怖がらず行動を起こしましょう。

 

自分の家の近くや職場の近くに、AEDを探してみると小学校やコンビニに設置してありました。

バランスが取れずうまく歩けない。

第7章より引用

この引用の状態は、脳卒中の症状の1つである。

 

以前同じ会社にいた、年配のOBの方が

「なんだか今日は朝からうまく歩けないんだ」と言ってました。

特に体半分が言うことを聞かないと、言っていたのですぐに病院に行ったほうが

良いとアドバイスしたことを思い出します。今現在その方は、元気にされています。

 

この他の初期症状には、片目が見えなかったり、視野が狭くなったり

激しい頭痛があったりした場合は、措置を得た方が良いでしょう。

 

6時間以内に治療出来るかどうかで、命に関わってくるそうです。

自分でもこの症状を感じたら、我慢せず早急に病院へ連絡しましょう。

アウトプットポイント

気付きの中で出てきたAEDは、このサイトで住所を入れると近くを表示してくれます。

https://aedm.jp/

ご自宅や職場の近くのAEDを確認して起きましょう!

まとめ・感想

レーシックは1-Clickを減らす

おわりにより引用

堀江貴文さんがレーシックを勧めた友人から、言われた言葉だそうです。

 

Amazonはユーザの気付かないところで、1-Clickを減らそうと

しのぎを削っている事を用いた、センスのある言葉でした。

 

その友人は眼鏡をかけるという行動を、しなくなるので

これからの生活においての1-Clickを減らせたのでした。

これまで述べてきた予防や考え方で、1-Clickだけではなく命さえ助かることになります。

 

これからの人生100年時代には、読んでおくべき一冊だと思います。

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。