ビジネス本

「脳からストレスを消す技術」有田秀穂 読書感想①ストレスは寄り添って受け流しましょう!

以前読んだ本の中で、この本の紹介があり気になってました。

ストレスは心にあると、考えてましたが脳にあるようです。

著者の紹介

有田 秀穂(ありた・ひでほ)さん

1948年、東京生まれ。東京大学医学部卒業後、東海大学病院で臨床に、筑波大学基礎医学系で脳神経の基礎研究に従事した後、ニューヨーク州立大学に留学する。「座禅(呼吸法)が心身に与える効能は、脳内セロトニン神経の働きで説明できる」という仮説を提唱し、各界から注目を集める「セロトニン研究」の第一人者。

サンマーク出版様より引用

最近、セロトニンという言葉をよく聞くようになってきました。

著者の有田さんの研究のお陰だったんですね。有難う御座います。

目次・内容

○成功への第一歩はストレスに「負ける」こと
○キレる人は、なぜ朝よりも夜の方が多いのか
○ストレスに対抗する「秘密兵器」は一つじゃない!
○「心の場所」は、脳の中に“二か所”ある
○なぜセロトニン不足はうつ病を招くのか
○「不眠症」はセロトニンで解消できる!
○ストレス解消には「笑い」よりも「涙」だ

引用・気付き

お釈迦様は、もう一つとても大切なことを悟ります。

それはどんな「苦=ストレス」も永遠には続かないと言うことでした。

22ページより引用

人は生きているだけで、ストレスを感じます。

ストレス中に疲労や空腹も含まれますので、凄く身近に存在しています。

空腹などのストレスが、それほど気にならないのは慣れているからでしょうか。

 

お釈迦様は6年間修行した結果、ストレスには勝てずと言う

結論を得ました。その結論と同時に、苦は永遠に続かないことも悟ります。

 

一度受けた大きなストレスでも、いずれ消えるから

ストレスを無理やり消そうとか、負けないようにしようとか抵抗するのではなく

身近に寄り添っていくことで、うまく受け流す勉強していきましょう。

精神的ストレスの正体は神経伝達物質を通じて、脳が感じるストレスだったと言うことです。

36ページより引用

以前、樺沢紫苑先生の本で、ストレスは脳内物質の分泌によるものと

書いてあったのを思い出しますがこの本には、より詳しく書いあります。

 

ストレスは、身体的と精神的の2種類に分けることが出来ます。

そして後者が、心で感じるストレスでこの正体が

伝達物質を通じて、脳が感じる脳ストレスでした。

なので、ストレスは脳の中にあるんですね。

 

脳が伝達物質により、感じているだけのモノです。

物質のせいと思うと、少し気が楽になります。

①痛みのような単純な苦。②快いが満たされない苦。③他者に認められない苦。

45ページより引用

この引用は、お釈迦様が弟子に教えた「苦は3つある」と言う内容です。

この③の「苦 =ストレス」が自分1人では、解決するのが難しいとされています。

それは周りの人からの評価だからです。

 

毎日一生懸命に家事をしていても「ありがとう」の一言も言ってもらえなかったり

上司にアピールしようと、睡眠不足を削って仕事をしても

評価されなかったり、そんな事はいくらでもあると思います。

この他人から認められないことでストレスを感じてしまうのです。

 

自分が凄いと思うレベルと、他人が見て凄いと思うレベルは全然違うからズレが生じます。

価値観や固定観念が違えば、ズレも大きくなると思います。

逆に大したことをして無くても、予想以上に褒め称えられることもあると思います。

 

他人の評価ばかりを気にせず、自己満足で繰り返し継続して

やっていくことで力が付き、そのうち他人から認められるのだと思います。

 

実は、他人に認められ無いと思い込んでいるだけで

誕生日には「いつもありがとう」とプレゼント準備していたり

上司も影で評価していることを、知らないだけかも。

ストレスを上手に受け流すよう、心身の準備を整える。

53ページより引用

セロトニン神経を、活性化させておけばストレスも受け流せます。

 

活性化させる方法として、座禅と書いてあります。

座禅中は腹式呼吸をすることで、一定のリズム運動をしてます。

一定のリズム運動でセロトニン神経は活性化されます。

 

以前読んだ本で「人生は楽しいかい?」と言うものがあり

ロシアのシステマという、軍隊格闘術の応用で人生を変えていくお話でした。

その中で、鼻から吸い口から吐くことで、体を整えてリラックス出来ます。

リラックスすることにより、緊張もなくなり、痛みも和らぎます。

ストレスを感じたら鼻から吸って口から吐き出し、呼吸に集中してみましょう。

まとめ・感想

3つのストレスの中で「他人に認められない」というものがありました。

これを意識していると、ストレスだらけになってしまいます。

 

他人を変えるのは、簡単ではありませんので

自分の目標をもっと高く持つ、自己満足をする等で自分を変えることをお勧めします。

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。