日記

記念日は大切に。みなとみらいの夜景と煎茶。

お祝いは楽しもう

私達夫婦は、お互いに再婚同士で、結婚3年目を迎えました。

その日は妻の誕生日、ネコのイギーの誕生日が一緒なのでお祝いします。

 

まずは、あざみ野「うかい亭」

半年くらい前に、両親が二人共仕事を終えた「お疲れ様会」を妻が計画。

そして兄に、いや「お兄様」に(笑)ご馳走してもらったお店。

 

あまりの美味しさと、サービスの良さで気に入ってしまい

妻がディズニーランド貯金をしていたけど、うかい亭貯金に変更しました(笑)

うかい亭も夢の国(笑)

 

一ヶ月前にスペシャルランチコースを予約。

出来れば来年も、味わいたいオススメのコースです。

少しグルメリポートを。

鉄板の上に小さな銅製の器が出てきて、その中に醤油と刻んだ長ネギ。

すぐに醤油が沸騰し、良い香りがしてきます。「香り醤油」と言うらしいです。

 

写真のわさびを、こんもりと肉にのせて、香り醤油をかけます。

それを口に運び、お肉を噛むと美味しい肉汁でわさびが中和され

ツーンとしなくて、爽やかさだけが残ります。

 

そこに醤油の良い香りを感じながら、肉の旨味を味わうと

一瞬で口のから消えるようです。美味しい!

ニンニクチップで合わせても、新玉ねぎスライスも

全部美味しかったです。

 

因みに銀座うかい亭は、ドクターXで撮影や

安倍首相夫妻とトランプ米大統領夫妻が、夕食に訪れたお店です。

やはり夢の国(笑)

 

ホテルはインターコンチネンタルホテル。

以前から「横浜に泊まりたい」という、東海出身の妻の希望に沿って予約しました。

観覧車とセットで、夜景にもなってますので「横浜のホテル」はここです(笑)

 

記念日だが、なるべく安くしたいので(笑)Booking.comで予約。

事前精算で、予約後すぐにカードから引き落とされます。

 

そして当日は、ダブルで予約したはずが部屋に入るとツインに。

すぐにフロントに電話をして、事情を説明するとBooking.comでは

希望を聞いて空いている部屋を、なるべく安く提供出来るサービスとのこと。

なので、絶対に譲れないモノがある場合、Booking.com等のサイトを経由しないで

直接申し込む必要があります。勉強になりました。

 

その後の会話内容。

私「そうでしたか、分かりました」

フロント「納得して頂いて有難うございます。ベットをくっつけることは出来ますが?」

私「おお、すみませんが、そうしてもらいたいです。」

フロント「お出掛けのご予定があれば、その時にしますが?」

私「まだないので、来てもらって問題ないです。」

フロント「すぐに伺います」

 

5分もしない間に、係の方が部屋に来てくれました。早い!

テキパキとベットを移動してくれて、すぐに完了しました。

結果、お互い離れてベットの隅っこで寝るという(笑)

迅速で丁寧な対応に、幸せな気分になります。ありがとうございました。

フロントに上がる階段。素敵(笑)

目標に出来る

楽しすぎて、記事を書いている数日間引きずってました(笑)

しかし、この「また経験したい」という思うが

日々の生活のエネルギーにもなるし、ブログも読書もTwitterにもパワーになります。

 

多少の嫌なことも、この時の写真を見れば忘れるし

パワーがあれば、苦にならない。なんでも乗り越えられそう(笑)

 

また来年の春には、ワクワクしながら予約をしている自分がいると思います。

妻と語る時間

みなとみらいの夜景を見ながら、妻と煎茶を飲みながら(笑)

(二人共お酒を飲めないので)

色々会話をしました。

それぞれの会社でどうやって仕事をして、何を改善したか。

お互いの会社で、それが使えないか?などなど。

そして、これまでの事、これからの事を。

 

そこで、改めて「本を出す」ために

Twitterとブログをやり続け、成長していきたい事。

書きたいものを、早く見つけたいという気持ちが強まりました。

 

妻の考えも色々聞けて、テレビもネコのイギーもいない何も無い時間は

夫婦ふたりで、久しぶりにゆっくり話が出来ました。

 

そして、ほとんど妻に褒めてもらって、気分良く(笑)

結婚記念日に相応しい、良い時間を過ごせました。

 

 

良い景観と読書は、贅沢な時間になると思い

本も持って行きましたが、結局1ページも読めませんでした(笑)

記念日は大切

一年間、頑張れる事が出来るのと

いつもはテレビも見ずに、読書かネコのイギーの世話で終わってる生活が

妻との話をする時間に出来ます。

 

因みに、ネコのイギーは。。。。

保護主さんに相談すると、1~2泊なら置いて行く人もいますよと

教えてもらったので、初めての一晩お留守番です。

家に帰ると、より一層なついてくれて

ソファーに座る妻の足に、アゴを乗せ腕を伸ばし甘えてました(笑)

たまには、離れるもの必要なのかも知れません。

 

それでは、また来年「夢の国」に向けて頑張ろう!

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。