スピリチュアル

まいらにさんのスピリチュアルセッション①インナーチャイルドを知る。

小学3・4年生の時、担任の先生から暴力を受けていました。その影響で、目上の人とのコミニュケーションに「恐怖」を感じるようになっていたのです。

妻と一緒に受けた、スピリチュアルセッションのお話です。

すべてお見通しのカウンセラー・まいらにさん

カウンセラーのまいらにさんに、セッションをしてもらいました。

まいらにさんのTwitterはこちら

偶然に聞くことができた「クラブ369」という、ポッドキャストで知ることができました。MCの方のセッション体験を聞き「自分も受けたい!」と強く思いました。

お金のかかることなので妻に相談してみると、私以上に興味を持ってくれて予約することになりました。

 

セッション当日。実際にお会いすると、とても優しく小柄でキレイな女性でした。優しい声と喋り方で、聞いているだけで癒やされます。

話される内容も興味深く、気が付くとあっという間に時間は過ぎていました。これまでに体験したことのない、不思議で貴重な時間でした。

完全に安心していましたが、怖い方じゃなくて良かったです(笑)もちろん怪しいパワーストーンや水晶玉なども置いてなく、いかがわしいアイテムを紹介されることもありませんでした(笑)

運河が見える夜空

幼少期のしんどすぎる体験

「離れたところに息子さんがいらっしゃるんですね」

まいらにさんに、息子のことを何点か確認されました。それを聞いて妻が驚きます。私からは何も言ってないのですが、私だけに息子がいること、前妻との子、娘じゃなく息子と言ったことも含めて全て言い当てたからです。

親に植え付けられた劣等感

最近、自分と両親の関係が、「良い状態」ではありませんでした。

私の実家は男兄弟ということもあり、家族全員口数も少なく暗いのです。一方、妻の実家は、家族みんながよく喋りとても明るいのです。

これは親の出身地である東北地方と、妻の育った東海地方の差なのか?男兄弟と姉妹の違いなのか?とふとした時に考えるようになりました。

やがて、私が育った実家は、普通じゃないと思うようになりました。

 

さらに、本を良く読むようになり、分かったことがあります。それは、小さい頃から、何か新しいことをやろうと言うと「どうせ無理よ」と、母親が口癖のように返事をするのです。

この言葉は「ドリームキラー」が使う言葉、ということも分かりました。今でも実家に帰ると、この言葉を聞くことがあります。昔から変わらない母親の古い考えに、ズレを感じるようになっていったのです。

そこで親との関係を相談しました。

「凄く真面目な家庭で、真面目に育てられたんです。愛するが故に、口うるさく言ってしまうお母さんと、神経質で心の中では色々思っているのに、何も言わないお父さんなのです。

ご両親はアガイさんをより良い方向にコントロールしようとするため、思ったとおりにいかないと怒ってました。時には叩かれることも。さらにお兄さんと比べられましたよね」

兄と比較されていたことを思い出しました。

私には2つ年上の頭の良い兄がいます。兄弟仲は最悪で、兄は小さい頃から私のことを「アホ」や「バカ」と呼んでいました。

毎日のように兄弟喧嘩が行われ、段々エスカレートしていくのです。中学生になると、より壮絶になり、包丁を投げられたこともありました。幸い大きな怪我はしませんでした。

負けてばかりの兄弟喧嘩が続くと辛くなり、親に助けを求めましたが、兄をかばい悪いのは常に私でした。

この家庭環境が原因で、感情にフタをするようになり、人生に希望が持てなくなりました。

 

感情が出せずに、自信も希望も持てない自分は、クソみたいな奴と自分を責めていました。(この癖は中々取れません)しかし、まいらにさんの言葉を聞いて、小さい頃の家庭環境問題があって、自分が原因ではないことが分かります。これを知るだけでも、かなり楽になります。

さらに妻と出会ったことで、これまで抑え込んできた感情を引き出してもらっている、と教えてもらいました。これは実感しております(笑)

素直に感情表現をする妻に、引っ張ってもらってます。結婚してから、毎日リハビリを行っているようです(笑)

 

ちなみに、明るい家庭と暗い家庭を比べると、明るいことが正しいと思ってしまいます。しかし、どちらかが良くてどちらかが悪い、ということはないそうです。千差万別でいろいろな家庭があるということでした。

暴力教師が私に与えたトラウマ

「小学生のときの先生が悪い」

小学校のときの先生が原因で、インナーチャイルドが残っているそうです。自分ではもう忘れかけてましたが、この言葉で記憶が鮮明に蘇りました。

インナーチャイルドとは

日本語で「内なる子供」と訳されています。諸説ありますが「子供の頃の記憶や感情」のことをインナーチャイルドと呼びます。この感情が大人になっても、変わらないままで残るため、感情にフタをしたり、対人関係が上手くできなかったり、自分を愛せなくなります。

担任の先生から何度も暴力を受けましたが、中でも一番辛かった「事件」がありました。

小学3~4年生の時、サッカーの朝練に参加していました。みんな体操服のまま登校して、練習が終わると私服に着替えてました。私もみんなと同じように、着替えを持って登校してました。

ある日、体操服で登校した私は、着替えの私服を忘れてしまったのです。仕方がないので、そのまま体操服で授業を受けようと、席に座り授業が始まるのを待っていました。

時間になり担任のF先生が、教室に入ってきます。私を見つけると不機嫌そうに「なんでその格好でいるんだ?」と言いました。素直に「着替えを忘れました」と返事をすると、睨まれながら前に来るように言われます。

席を立ち机と机の間を通り、前へ歩いていきました。するとF先生が走ってきて、ジャンプして膝で蹴られます。その勢いで後ろに倒れましたが、すぐに立たされて前へ連れて行かれました。

教壇の前にいくと、数発ビンタをされて、細い竹のような棒で足を何度も叩かれました。この辺りからハッキリとした記憶がないですが、気が付くと廊下に立たたされていたのです。何時間立たされていたのか、覚えていませんが地獄のような時間でした。

 

今の時代なら社会的な問題になるレベルですが、当時は親に言っても、それが当たり前という雰囲気で助けてもらえません。

暴力教師と真面目な家庭に挟まれ辛い日々でした。

「アガイさんは悪くない!先生が悪い!」

これまで目上の人と話す時に、恐怖を感じていたのは、この先生が原因でした。

緊張して上手く話せない自分、できるだけ避けようとする自分、ダメな奴だと責め続けていました。

セッションを受けたお陰で、このインナーチャイルドが原因ということを知ることができました。これで凄く楽になります。

当時のクラスメイト同じように、担任の先生から怖い経験をしている人がいたら、インナーチャイルドのせいだと思って下さい。あなたは悪く無いのです。

夕日に包まれるハワイの町並み

スピリチュアルセッションまとめ

「三つ子の魂百まで」と言いますが、幼いときの経験は人格に影響します。

私もその影響を受けて、グラグラな人格が形成されました(笑)今回その原因を知ることができて、少し生きるのが楽になりました。

もし良い環境だったら、あの先生がいなかったら、もっと素晴らしい人生だったのでは?と考えてしまいますが、しょーがないです。過去には戻れません。

なにより、人は自分で親を選んで生まれてきているそうです。ツラい環境や体験も、自分が「そんな体験もしてみたい」と選んできたようなのです。

幸いにも、今回、自分の事を知ることができました。辛い過去を嘆くより、これからの人生を楽しむことにします。

ABOUT ME
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。