自我に目覚める

料理はやる気が出なかったが、人と繋がることが出来た。自我⑥ 離婚ショック回復術

このブログは「離婚」「闇」などで、検索されることがあるので

私が過去に離婚してから辛かった経験を、今経験している人や回復途中の方に読んでもらい

少しでも楽になって貰えればと思い書きました。

↓この記事の続きです。

人の役に立てると思い、手相を勉強する。自我⑤ 離婚ショック回復術このブログは「離婚」「闇」などで、検索されることがあるので 私が過去に離婚してから辛かった経験を、今経験している人や回復途中の方に...

料理は基本的に嫌いだった

一人暮らしで自分一人のために、わざわざキッチンに立ち料理を作る気になれず

買ってきたサラダと、レンジで作るパスタを毎日の様に食べていた。

その後しばらくそんな食生活が続き、仕事中にフワフワとして座り込んでしまう事になる。

食事はバランス良く食べることが大切だと、実感できました。

 

これまでを思い出しても本格的な料理をした事は一度だけ、再婚後妻が体調不良の時に作った

ホワイトシチューだけだろう。箱の裏面を見ながら作った記憶がある(笑)

 

そんな一人暮らしをしていた料理嫌いな私でも、作っていたものがある。それが「漬けるもの」。

漬けるものは賞味期間も長く、手間が掛からずに作れる。

食べるモノ、料理する時間がない時でも、取り出せばすぐに食べれるという

メリットがあったので頻繁に作っていた。

ニンニク醤油漬け

以前サラダとパスタしか食べてなく、フラフラ目眩を感じて

タンパク質が大事ということを身をもって理解できた。

 

そこから肉と言うか、タンパク質を取ろうと、初めて肉を買ってきて

フライパンで焼いて食べてみたが、やはり味付けは何もなしで美味しくなく

慌てて焼肉のタレをつけて食べていた。

 

ろくに料理もしてこなかったことで、肉の食べ方もわからない自分を初めて知る。

そんなことも分からない大人になっていたと、情けない気持ちになる。

 

焼き肉のタレに飽きてくると、次は塩胡椒だと思い、焼く前にパラパラを肉にふってみた。

それなりだがレパートリーも少なく、すぐ飽きてしまう。

何か美味しく肉が焼けるものを探して、ネットで見つけたのが「ニンニク醤油」だった。

 

作り方は網に数個入ったニンニクを買ってきて、外側の皮をむき水につけておくと

数時間で皮が剥きやすくなり、効率が良くなる。

皮を向いたニンニクの上下を切り、スライスしてガラス瓶に入れ

そこへ醤油ドバドバと入れて、ピリッとさせたいので七味も入れて蓋を閉じる。

 

2~ 3日冷蔵庫で放置しておくと、パンチの効いた醤油が出来上がり

それを使って肉を焼くと、美味しく焼くことが出来た!

ニンニクも一緒に焼き、カリカリにするとこれも美味しく食べられました。

ハニーナッツ

これは今でも、作ってます。

妻のお義姉さんは初めて見た時に、なんて神々しいんだと言ってました。

忘れられない感想です(笑)

 

ミックスナッツ(くるみ、カシューナッツ、マカデミアナッツ、アーモンド)を

ザルで水洗いします。袋から出したままだと、ナッツの粉?の様なモノが付いてます。

 

洗ってフライパンで焦げ目が付くくらいローストします。

ガラス瓶に入れて、上から蜂蜜を入れていきます。

 

蜂蜜を先に入れると、ナッツが浮いてしまうので注意です。

そして冬の蜂蜜は寒くて固くなるので、結構な力仕事になります(笑)

少しでも火の近くに置いて温めましょう。

 

冷めたら蓋をして約2週間保存すると、ナッツに蜂蜜が浸透して美味しくなります。

これを焼いたパンに乗せても、ヨーグルトに入れても美味しいです。

焼いたパンにヨーグルトとナッツを乗せても美味いです。

 

番外:ヨーグルト

皆さんご存知「R1ヨーグルト」で自家製ヨーグルトを作り、毎日食べてます。

これも一人暮らしで作り始めて今も作ってます。

材料

  • 紙パックの牛乳1L(乳製品ではなく本物の牛乳)
  • R1飲むヨーグルト 112ml

以上の2点で作れます。

 

必要な道具

  • ヨーグルトメーカー 最近は沢山のメーカーから出ているので、選べます。
  • 長いスプーン 牛乳の紙パックを混ぜれるモノが必要です。

 

作り方

1,牛乳を紙パックのまま、電子レンジで温めます。

人肌より少し高めの40度位がベスト(温めないと失敗して美味しくないモノが出来ます)

2,温めた牛乳に飲むヨーグルトを50ml入れます。

約半分なので、R1一本が112mlなので2回分になります。

3,スプーンで良くかき混ぜてヨーグルトメーカーへ入れる。

5,約8時間後、冷めてきたら冷蔵庫に入れて冷たくなると

落ち空いてきて、美味しくなり出来上がりです。

 

これで経済的に楽にR1ヨーグルトが毎日食べれます!

料理を通じて

この他にも、黄身の醤油漬け、味噌漬け等「漬けるモノ」を中心に作っていた。

今は料理を完全に妻にお願いしているので、作らなくなったが

こうして書きながら昔を思い出すと、黄身の醤油漬けを食べたくなってくる(笑)

 

目標を持って下ごしらえから作業始めると、離婚でして不安だった気持ちが和らぎ

料理を完成させることに集中することができた。

料理も離婚ショックを回復する方法の1つになる。

漬けるものなので、たいした料理では無いけども(笑)

 

そして当時は作ったハニーナッツをブログに載せていた。

それを見た方が、食べてみたいと言ってくれて実際にあげたことがある。

そのお返しに梅干しを送ってもらい、今はお互いブログで近況を知り

年賀状を交換する仲になりました。

 

料理から人との繋がりが出来ると、感じられた出来事です。

 

これまでの「趣味」を探すことで色々やってみて思うのは

ただじっとしていては、何も変わらず

何か探してとにかくやってみることで、少しだけ世界が変わります。

料理で人と知り合いになれることや、手相で同僚の状況を知れてより仲良くなったり

行動することが大切ということを学べた時間になりました。

 

孤独は辛かったけど、自分を成長させる為の時間で

自分には絶対に必要なモノだったと、今思えます。

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。