デジタル

《デジモノ》半額サポートを解約。ソフトバンクから格安SIMへ。

黒いiPhoneに黒のバック

菅総理がスマホ代の値下げに力を注いでくれてます。早速ソフトバンクやauが反応してました。しかしその内容は月に20GBで4,000円というもので自分向きでは無かった(笑)

これまでソフトバンクを使ってきましたが、月額料金が高いので格安SIMを調べてみました。

3種類のiPhoneが置かれたテーブル

料金の差

ソフトバンクの料金

これまで使用していた機種はiPhoneXSで、定価が64GBで11万2800円となっていました。今はメルカリなど中古品を調べてみると、高くても3万5千円位です。iPhone12が出たとは言え、値下がりの速度が早い!のにビックリ(笑)

購入時は安くしようと、ソフトバンクの「半額サポート」で4年間の支払いに設定。

 

毎月の料金を調べてみるとこの表の内容になります。

機種代2,850円
ホワイトプラン934円
パケットし放題フラット4G LTE5,700円
ウェブ使用料300円
おうち割、月月割、下取りプログラム-3,311円(-934、-1387、-990)
税抜合計6,473円

今はもう受付されてませんが懐かしの「ホワイトプラン!」粘って使ってました(笑)

調べてみると世間の平均金額は、7~8,000円になっているので、それよりは若干安くなっていましたがこの金額は通話が一切無い場合の金額です。少しでも電話を掛けたら平均金額になっていきます。

このiPhoneXSの代金2,850円は計算してみると、48回払いで136,800円となり定価の112,800円から24,000円の高い金額だったのです。これが半額サポート手数料になるのか、分割で支払う利子の様なモノなのか分かりませんが、気付かず支払ってました(笑)

 

毎月のデータの使用量を見ると、3GBも使用していない事がわかります。

その少ない使用量でこの金額は、コストがあっているように思えません。菅総理の言うことが凄く理解できます(笑)

皆さんのスマホ代も同じような金額では無いでしょうか?ここで政府の移行である通信費の値下げを待っていても、自分に合うプランでは先になるだろうと思い「格安SIM」を調べてみました。

格安SIMの料金

「格安SIM」で検索してみると、多くのサイトが表示されますが、結局比較したいので「価格.com」をクリックしました。

自分の希望の条件で探します。データ通信量は月に3GB、今の回線はソフトバンク、音声通話SIM、にチェックをしてみます。そこで1位で表示されたのが「LINEモバイル」でした。

料金をみると、月額1,480円! 約1/4になる!!

6,473円 - 1,480円 = 4,993円

我が家では私と妻と離れて暮らす息子の、3回線を契約してますのでこの3倍の節約になります。

 

自分の使っている金額とデータの使用量が分かれば、条件にあう格安SIMも分かってきます。まずは今の現状を把握しましょう。

iPhoneの初期設定

ソフトバンク解約準備

解約しようと思った時に、その気持を折るのが「縛り」です。途中で解約すると違約金が発生して、損をすると思わせます。人間は損することが嫌いです。得するよりも、損をした時の方が倍以上の強い気持ちで嫌います。そこを上手くやられているように感じる(笑)

4年縛りを解約

「半額サポート」で購入した場合。48回払いで購入して24回の支払いが完了してから機種変更をすると、残りの24回は支払いを免除してくれます。(半額サポートは2019年9月12日で受付終了。今はトクするサポート+になってます)

 

私はこれがお得なサービスに思えて、ずっとソフトバンクで契約していくなら、半額で2年毎に新しいiPhoneに買い換える事ができる!と思いベストな選択だと思ってました。

しかし解約しようとすると厄介なサービスで、ソフトバンクで機種変更した時だけに適用され、期間を待たずに解約すると半額免除されなくなり全額支払いが必要になります。

 

途中で解約する時は注意が必要です!

タイミング

半額免除を受けられる条件は、24回の2年間の支払い完了後、または「1年買い替えオプション」で13ヶ月後から短縮して24ヶ月目までの金額を支払う事で適用されます。どちらにしろ2年間(24回)の支払いが完了すれば、13ヶ月目から使用ができます。

早まって13ヶ月経過する前に、解約しないように注意です。

次機種の買い方

私もまだ24回目の支払いが完了してませんが、iPhoneXSからiPhoneSEに機種変更しました!

SEを購入する時に注意が必要なのは、48回支払いで購入するのではなく、一括購入にすることです。一括じゃないと縛りから開放されません。

私は自宅で機種変更しましたが、佐川便の代金引換で支払いになり、iPhoneSEを2台なので12万円弱用意して支払いました。クレジットカードじゃ無かった(笑)

2年縛りも無い?

2019年の秋ごろから、2年縛りが消えつつあります。

これは2019年10月に電気通信事業法が改正され、「2年縛り」での違約金上限額を1000円に定めたのです。今現在ソフトバンクは違約金は0円で発生しません、auとドコモは上限の1,000円になっているようです。

これまで違約金は9,500円に設定されていたので、大幅に下がりました。ただし2年契約の方が安くなり2年契約なしは高くなるプランが誕生して、2年縛りという名前はなくなるけど、中身は余り変わって無いように思えます。

 

私の場合はホワイトプランでしたので2年縛りがありました。しかし更新月だったので、機種変更と共にプランを変更して縛りの無い状態にできました。

このタイミングが大切になりますね。

iPhone11Proの背面

自宅で機種変更

iPhoneの機種変更は、iOSのバージョンアップに伴い格段に簡単になっていってます。やはり新しいiPhoneに乗り換え易くすることで、iPhoneを買いやすくしています。

機種変更のやり方は、「クイックスタート」という機能を使います。iOS 12.4以降から「クイックスタート」が使えます。

クイックスタート

新しいiPhoneを近くに置いておくだけで、旧iPhoneに「新しいiPhoneを設定」と表示されて「続ける」を押すとクイックスタートが始まります。

iPhoneのクイックスタート画面

出典:アップル

両方のiPhoneがBluetooth「オン」になっているか確認です。AppleIDを移行した後にデータの移行もするか聞かれます。

以前まではパソコンなどで旧iPhoneのデータをバックアップして、新iPhoneに復元をしてましたが、新しいクイックスタートではパソコンは不要になります。

※ただし定期的なバックアップをすることはオススメします。

下取りキット

ソフトバンクから「下取りキット」が届きます。これは契約者じゃないと受け取れないのでご注意を!

私は離れて暮らす息子に直接iPhoneSEを送るようにしたら、下取りキットも送られてしまい、契約者の私じゃないから受け取ることが出来ませんでした。

後日ソフトバンクのチャットサポートでやり取りをして、自分宛てに送ってもらうことができたので息子から旧iPhoneを受け取り返送します。

後日、ソフトバンクからSMSでiPhoneを受け取り半額サポートの対象になりますと連絡が来て一安心。これで解約の準備が整いました。

後はMNPで電話番号そのままに、LINEモバイルに乗り換えて完了です。

まとめ

やってみると簡単に乗り換える事ができました。ただ機種代に3台で15万円以上の支払いが必要だったり、ちゃんと思った金額が請求されるかなど不安はありました。

しかし毎月15,000円の節約になります。10ヶ月でiPhoneSEの代金を回収します(笑)

あとソフトバンクのSEは57,600円でLINEモバイルのSEは46,800円と機種代もソフトバンクの方が高いことが分かりました。やはり乗り換えて正解。

 

3大キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)に楽天モバイルが加わり4大キャリアになろうとしてます。楽天モバイルは電波状況も悪く、楽天の電波じゃないと制限があったりするのでこれからに期待です。

楽天の参入をキッカケに3社も大幅な値下げがあるかもしれません。格安SIMは縛りがないので、値下げしてお得感がでればまた戻ればいいかなと思います。

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。