ビジネス本

「社会人のための現代史」 池上彰 読書感想①

皆さんは、「世界史」をご存知でしょうか?

私は全然詳しくなく、ニュースで海外の事件を取り上げられても

遠くの世界を見ている、という感覚でしかありませんでした。

このままじゃ、マズイと思い手に取りました。

本・著者紹介

日本が今日に至るまでに、どんなことが起こっていたのか?

知らないことが多すぎます。勉強したいと思います。

 

著者は有名な方なので、紹介は不要かと思いましたが

Amazonに記載されてましたので引用いたします。

池上彰
1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、73年にNHK入局。報道記者、キャスターを歴任する。94年から11年間、「週刊こどもニュース」でお父さん役を務め、わかりやすい解説が話題に。2005年、退職。以後、フリージャーナリストとして多方面で活躍中。12年より、東京工業大学リベラルアーツセンター教授

Amazon様より引用

目次・内容

  1. 東西冷戦 ー世界はなぜ2つに分かれたのか
  2. ソ連崩壊 ープーチンはスターリンの再来なのか
  3. 台湾と中国 ー対立しても尖閣で一致するわけ
  4. 北朝鮮 ーなぜ核で「一発逆転」を狙うのか
  5. 中東 ー日本にも飛び火? イスラエルやシリアの紛争
  6. キューバ危機 ー世界が核戦争寸前になった瞬間
  7. ベトナム戦争 ーアメリカ最大最悪のトラウマ
  8. カンボジア ー大虐殺「ポル・ポト」という謎
  9. 天安門事件 ー「反日」の原点を知っておこう
  10. 中国 ー「経済成長」の代償を支払う日
  11. 通貨 ーお金が「商品」になった
  12. エネルギー ー石油を「武器」にした人々
  13. EU ー「ひとつのヨーロッパ」という夢と挫折
  14. 9・11 ー世界はテロから何を学べる

この目次を読むだけでも、興味がわき読んでみたくなります。

引用・気付き 3個

東ドイツにある西ベルリンを、ぐるりと取り巻く大きな壁だったのです。

第2章より引用

ベルリンの壁のことを詳しく、知りませんでした。恥ずかしい(笑)

ドイツの領土を北から南に一辺の壁が走り、東ドイツ西ドイツに

分かれてしまったのだと思ってました。

 

そうでは無かったです、首都のベルリンは東ドイツにあったので

そのベルリンも東と西に分かれてしまいます。

なので東ドイツの中にポツンと西ベルリンがあり、壁に囲まれてしまったのです。

それが「ベルリンの壁」でした、大きな勘違いをしてました。

 

壁が出来た原因は、東西の冷戦です。

まず戦争に負けたドイツを、4カ国で分割統治されます。

アメリカやイギリスに代表される西側陣営と、ソ連に代表される東側陣営に

分かれてしまい、首都のベルリンも東西に別れます。

この東西で対立が起きて、冷戦状態になりソ連が壁を作ってしまいます。

 

ソ連のスターリンが何故、そんなことをしてしまったかと言うと

以前ナチスドイツに侵略された時に、ソ連は2千万人の被害者を出したからです。

侵略されることが恐ろしくなっていて、恐怖心から作ったモノだと思います。

 

元々の原因である、ヒトラーがソ連に攻め込んでなければ

ベルリンの壁は、作られてなかったと考えられ

ヒトラーが、ベルリンの壁を作り出したとも考えられます。

太平洋戦争で、日本が負けると台湾を放棄します。

第4章より引用

日清戦争で日本は、台湾を植民地にしていました。

しかし太平洋戦争で敗北すると、台湾を放棄して中国のものになります。

 

日本軍が引き上げ、そこにやってきた中国の軍隊は

文字の読み書きの出来ない者で、それを見た台湾の人々は驚愕したそうです。

 

日本軍の残していった資材は全て、中国軍が没収してしまい

何をするにも賄賂を要求する社会になっていきました。

 

日本の植民地だった時は、優秀な人材が日本から来て

色々なことを教えていきました。

 

こういった歴史から、台湾には日本語を使える人が多くいて

親日家の国家になっているのだと思います。

 

ソ連が総選挙を拒否したために、まずは南側で総選挙を実施します。

第3章より引用

台湾の次は、朝鮮半島です。

こちらも日本の植民地でしたが、第二次世界大戦に敗北したため朝鮮半島を放棄します。

 

放棄した朝鮮半島に、北からソ連軍が南からアメリカが兵を進めます。

ここでも、ソ連対アメリカの冷戦があります。

 

南はアメリカ、北はソ連と一時的に、別々に治めてましたが

南朝鮮で選挙を行い韓国が出来ます。その数北朝鮮が出来て完全に分かれてしまいます。

こうして朝鮮半島を二分するように、2つの国が誕生しました。

 

台湾にも朝鮮半島にも植民地と言う時代を、我が日本が作り出して

その影響で韓国と北朝鮮をも、作り出していたとは。

なんだか複雑な思いになります。

まとめ・感想

昔の日本は台湾や朝鮮半島を、植民地にしていて

とても胸を張って言えるような、過去ではなかったんだなと勉強になります。

 

台湾へ優秀な人材を送り、良い国を作ろうとした日本の姿勢を

台湾の人々は、肌で感じて親日国家になってくれたのでしょうか。

日本の国内では、反日のニュースばかりが目立ちますが

この台湾の他にも、タイやインドネシアなどなど

親日国家は多く存在します。

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。