日記

不妊治療を40代から開始。毎日の基礎体温を記録して低い可能性に挑む。

私には20歳を超えた息子が、1人おります。

離婚してからは離れて暮らしておりますが、年に数回は会えています。

そして再婚して数年経過しましたが、その数年の間ずっと頭にあった「子供」が欲しいか。

自分の考えもハッキリさせたくなり、妻に相談してみました。

不妊治療するまで

再婚をして数年の間、常に自分の頭に悩み事が「自分達の子供が欲しいか?」でした。

自分の気持ちがハッキリしないまま、何度か妻に相談したが

妻も「まだわからない」という結論だった。

 

しかし数回この相談を機に、私も妻もそれぞれ生活する中で色々考え

時間が経つに連れて、お互いに考えがハッキリとしてきた。

 

私には離れて暮らす息子がいて、自分の両親には孫を見せることが出来た。

しかし、妻の両親には見せられていない。

孫にまだ会えていないという事について、妻に何も言わない両親の気持や

自分達の生活や老後、それまでの時間を考えると、子供がいてくれた方が

もっと幸せも増えるという考えが強くなっていった。

 

暫くしてから、自分のその気持ちに変化があり、その考えを妻にも話してみると

どうやら妻も同じ気持ちに、変化している最中のようで二つ返事で賛成してくれた。

という事で、夫婦二人共40歳を超えてしまったが、妊活を始めようと決意しました。

産婦人科へ行き、基礎体温を付け始める

二人の気持ちが同じなら、止めるモノは何もない!という事で即行動!

次の休みの日に、妻と2人で産婦人科へ行き相談してみることにした。

 

産婦人科も数多くあり、出来る限り「良い」産婦人科に行きたい。

私も妻も二人共、地元ではないので、友人や知人に聞いてみて

親切で優しそうな、比較的新しい病院に決定した。

 

そして休みの日。

病院の開院時間の少し前に到着してみると、駐車場は半分位埋まっていた。

やはり平日ではなく、休みの日に通院する方が勤務先や

自分達への負担が少ないから当然混みます。

 

受付で保険証を出して、不妊治療をしたい旨を伝える。

朝一で行って「8番」の札をもらって待つことに。早くきて良かった!

 

しばらく待っていると、名前を呼ばれたので二人で部屋に入って行く。

そこで登場した先生は優しそうな方で、二人共一安心。

これから不妊治療をしていくとなると、長い付き合いになるから

怖い先生だったら、冷たい先生だったら、先が思いやられるという不安が

ちょっとあったので、それだけで来て良かったと思える。

 

その優しそうな先生が、グラフを取り出し分かりやすく説明をしてくれた。

そこで始めて年齢が40歳を超えると、出産率がガクッと下がる事を知った。

噂で聞いていたが、自分達の年齢が丁度ガクっと下がりだす年齢とは知らなかった。

そして不妊治療をした時のグラフも見せてもらった。

 

このグラフで見ると分かるように、40代になっていたので不妊治療をしても

10%の確率も無い事がわかる。

 

それでも何故か自分達は、直ぐに出来るだろうと楽観的な気持ちでいた。

 

その日から、夫婦二人の不妊治療を開始しました。

まずは、病院の先生も言われた「基礎体温」が重要。

体温計を購入して、スマホに記録をしていくことから始めました。

オススメの体温計です。

ケースから取り出すと電源ONになり、Bluetoothの同期をしてくれるので

スマホと連携してデータの記録が簡単。デザインも良くて持ち運びも楽々。

不妊治療の費用

不妊治療で心配事といえばお金です。

何処までやるか?これも初めに妻と話し合い決定してました。

どうしても欲しいとなれば、体外受精も視野に入れての計画になると思います。

 

ウチのお金に糸目をつけないでやっていこう!と言いたいですが、家のローンが私が75歳

になるまでありますので、無茶はできません(笑)早く短縮しなければ!

 

なので限られたお金で、不妊治療を頑張ろうとなり

人工授精までにして、出来なかったら綺麗サッパリに諦めることを決めました。

治療内容と料金

まず初めに、基本的な血液などの検査を夫婦二人共実施します。

女性の検査が約7,500円で男性が約2,500円で10,000円位。

ここから不妊治療が初まっていきます。

因みに、この初めの検査とタイミング法だけ保険対象となります。

 

①タイミング法

検査結果をもとに医師が排卵日を推測、医師から妊娠しやすい日について指導を受けながらその前後に性行為をする方法。保険が適用され、1回数千円程度です。タイミング法は不妊治療の一番はじめの段階です。

②人工授精

子宮に精子を人工的に注入する方法です。排卵のタイミングに合わせて、元気な精子だけを送りこみます。保険適用外で1回1~2万円です。

体外受精より妊娠率は下がりますが、カラダへの負担・経済的負担が軽いことから回数を重ねることができます。

③体外受精

体外に卵子を取り出し、シャーレーの中で精子と受精させる方法です。

受精させて成長したら、カテーテルで子宮へ送り込みます。

保険が適用されず1回20~60万円です。国の特定不妊治療助成事業の公的補助を受けることができます。

④顕微授精

これも体外受精ですが、注射器などで人工的に受精させてから子宮へ送り込む方法です。保険適用されず約30万~50万です。国の特定不妊治療助成事業の公的補助を受けることができます。

助成金の金額

先程の説明で書いた③番と④番「体外受精」と「顕微授精」が対象になります。助成金額は、1回の治療につき15万円まで(初回の治療に限り30万円まで)、凍結胚移植は7.5万円まで。保険がきかず高額になる不妊治療なので、助成金は受けるようにしましょう。

 

その助成金を受ける為の条件があります。

  • 自治体の指定を受けた医療機関で特定不妊治療を受けていること
  • 夫婦合算で年間所得が730万円までであること
  • 治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること

なお、助成の回数には制限があり、妻の年齢が40歳未満の場合は通算6回まで、40歳以上43歳未満の場合は通算3回までとされています。

助成金を受けて不妊治療をするなら、43歳までの様です。

不妊治療の期間を決めた

お金の他に、何回、いつまでやるか?これもしっかり

二人で決めておかないと後で食い違ってしまいます。

 

うちの場合は、半年間、約6回の人工授精をやることに決めました。

人工授精が1回1.8万円位と、半月に一度注射を受けに行くので3,000円位でした。

更に不妊治療の成功率をあげようと、産婦人科でも勧められたサプリも購入。



こちらも合わせて月に3万円位の費用が必要でした。

 

 

初めての人工授精では、また二人で産婦人科へ。

妻が緊張するのは当然。男性は精子を預けてしまえば、後は待つだけ。

 

排卵を促す注射が痛いらしい。グッタリして妻が戻ってくる。

「お疲れ様、大丈夫」と声を掛けるぐらいしか出来ない。

 

夫婦二人で不妊治療と言いつつも、受診する内容に差がありすぎて

気持ちのズレも注意しないといけない。常に二人の不妊治療と考えないと!

 

そして、妊娠出来たか?ドキドキしながら過ごす約一ヶ月が経過。

ある朝にトイレから出てきた妻が「ごめんなさい」と暗い顔をして言う。

妻の方が努力して、辛い思いをして、頑張ってくれているのにこのセリフを言わせてしまう。

言われる度、泣きそうになってしまう。残念な結果だけど妻の責任じゃない。

自分のせいだと思い込んでしまうと、精神的にも追い込まれて辛くなり

継続も難しくなってしまう。

 

不妊治療を始める時に、産婦人科で二人共検査をして

問題なかったのだから、妻のせいでは無い。

二人一緒に10%未満の確率に挑んでいるのだ。

 

私か妻に妊娠することに、何か特別な問題があれば先生に呼ばれて

お話をしてもらえるはず。

気にすることはない、決めた期間をやり抜いて駄目なら諦めるだけ。

だから決めた期間は、出来る範囲の事を精一杯実行するだけ!

 

10%未満の確率と知っていながらも、どうしても期待はしてしまいます。

この頃は毎月テンションを下げながらも、励まし合い継続してました。

二人で協力して、特に女性は辛い思いをしてます。男性は励ましましょう!

不妊治療を開始して半年後。

半年間だけ頑張って、駄目なら諦めると約束して開始したが

人工授精のタイミングが悪い月もあり、半年じゃなくて回数で計算するようにした。

という言い訳をして、少しだけ期間を伸ばした(笑)

 

先生に見せてもらった、グラフで知った確率で言えば10%未満。

良くて10回に1回だが、時間の経過と共に私達は加齢していきこの確率も下がる。

妻の体の負担や、高齢出産は危険もあるので無理は出来ない。

 

少し延長して最後の回数まで頑張ったが、約束の回数では妊娠することは無かった。

初めに決めた事だったが、改めてこれで終わりにして

諦めなきゃと思うと、寂しくなり悲しくなった。妻も泣いていた。

 

まだ私には、離れて暮らす息子がいるからと思いながら

妻の事を考えると、申し訳ない気持ちになる。

 

今後、40~50年位は二人だけでずっと一緒にいてくれる妻。

もちろん、今後もずっと楽しく幸せにやっていきたい。

 

何かを失った訳じゃないから、不幸になったのとは違う。

だから、今後夫婦二人だけでも幸せだし

子供がいないことは不幸じゃない、妻がいるのだからと思えた。

 

少し落ち込む妻に色々声を掛けたが、言葉だけじゃ何か引っ掛かる。

 

私の言葉で気持ちが伝わり、妻はそこまで気にしてないと思うが

自分の中で、息子がいる自分といない妻が平等じゃないという思いが出てくる。

不妊治療の終わりに近づくに連れて、そんな考えが強くなっていった。

 

そんな気持ちから子供の代わりにはならないけど、妻が欲しがっていた

車「FIAT500(チンクエチェント)」を買おうと決めた!

 

不妊治療で毎月の出費もあり、今後節約が必要になるけど(笑)

二人で、可愛がって大切に長く乗り続けよう!

 

不妊治療を諦めると決めた次の休みの日に、FIATのディーラーにお出掛けしました。

不妊治療の結果を家族へ報告

互いの両親へは、不妊治療をしている事を何も伝えて無かった。

良いも悪いも結果が出てから、報告しようと決めていた。

 

何故なら不妊治療をしていると言ってしまうと、毎月期待させてしまい

結果を聴く度に、落胆させてしまうと申し訳ないなと思ったから。

 

両親には言わなかったが、お義姉さん夫婦だけには、話をしておいた。

どんな状況にあっても、強い味方になってくれるから。

 

その通りに不妊治療の期間、お義姉さん夫婦は妻の体を心配しながらも

応援をしてくれて残念な結果になり、諦めることを報告した時は暖かく慰めてくれた。

やはり、言って良かった。ありがとうお義姉さん。

 

そして妻の両親へ報告した。

両親ともに落胆した様子を、全く見せずにいてくれて

更に妻のお義母さんが、言ってくれて嬉しかった。

「今いる息子さんへの、愛情が薄まるから良かったと思う。」

9連休のGWに妻の実家に帰省。妻の家族は私の家族。第二のふるさと ゴールデンウィークを利用して、妻の実家に帰省しました。 再婚して3年を超えて、4年目に突入。 年に...

お義姉さん夫婦も、子供を作らなかったから

親としては、絶対に孫が見たいはずなのに

一言もそんな事を言わず、私達が落ち込まないように

声を掛けてくれたと思うと、その優しさに泣きそうでした。

 

そして、「今いる息子を大事にしなさい」と言ってもらっている気がしました。

優しいお義母さん。ありがとうございます。

まとめ

FIAT500(チンクエチェント)が納車されました!

あまりの可愛さに、洗車機には入れられず自宅で

毎週の様に、手洗い洗車をしております(笑)

 

結局、不妊治療は残念な結果に終わりましたが、妻とも色々話しができて

よりお互いを知れたし、家族ともより仲良くなれました。

お金も時間も掛かり、精神的にも辛く苦しくも有りましたが

自分と妻の考えも一致しており、不妊治療をやって良かったです。

 

今度、妻の実家に帰る時は

妻と愛しの「FIAT」と一緒に帰りたいと思います(笑)



ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。