自我に目覚める

寂しいから植物を育てよう!アボカド栽培を初めてみた。自我③ 離婚ショック回復術

このブログは「離婚」「闇」などで、検索されることがあるので

私が過去に離婚してから辛かった経験を、今経験している人や回復途中の方に読んでもらい

少しでも楽になって貰えればと思い書きました。

↓この記事の続きです。

自分を磨くため、ジョギングを再開する!自我② 離婚ショック回復術このブログは「離婚」「闇」などで、検索されることがあるので 私が過去に離婚してから辛かった経験を、今経験している人や回復途中の方に...

話し相手がいない

離婚して一人暮らしを暫くしていると、話し相手が欲しくなる。

恋人出来てたり友人が近くに住んでいれば、すぐに会いに行けばいい。

 

しかし、当時の私は婿養子で結婚したため地元から離れて暮らし

友人も近くにはいなくて、恋人もすぐに出来る訳もなく話し相手はいなかった。

 

離婚した時に、仕事も辞めて地元に戻ることを想像してみたが

戻っても仕事がある訳じゃないし、コネもメリットもなく

今の仕事を辞めるという、リスクだけを感じてそのまま会社の近くに住んでいた。

なので話し相手は暫くいなかった。

 

人が無理ならペットでも!と思ったが、当時住んでいた賃貸ではペットは不可。

じゃせめて観葉植物を置いて、風水的にも癒やされるのではと調べ始めた。

アボカドを栽培=「アボラー」

ネットで調べてみると、風水的にも金運が上がると植物など色々紹介されていたが

ふと思いつきます。その頃大好きでよく食べていたアボカド。これを育てられないか?

 

アボカド栽培を調べてみると、食べ終えた種から栽培することが可能だった。

一度冷蔵で冷やしてしまうと、芽が出ない可能性があるので注意は必要だが

買ってきて食べ頃まで置いておいて、そのまま種を傷つけない様に切って取り出せば大丈夫。

 

食べ終えて残った種を綺麗に水洗いして、尖った方を上に向けて

半分だけ水に漬ける様に置いておくと、数日間で芽が出てくる。

 

過去のフォルダを調べて見たら、昔のブログに載せていた画像があったので載せよう。

プチトマトの容器だろうか?再利用して種を置いている。頑張って工夫してい恥ずかしい(笑)

写真は芽を出そうと縦に割れてきている。

 

このあと2~3週間で、もっとヒビが入りその間から芽がニョキニョキと生えてくる。

芽よりも先に、根っこが生えて来て命を感じることが出来る。

 

ある程度大きくなってから、水栽培から土の植木鉢に移してあげた。

水から土へ植え替えする時は、気温が高い日がお勧め。

小さな鉢を用意して、土を入れて沢山水をあげておく。

 

この写真を見て思い出したのが、当時のブログでアボカド栽培をしている人を

「アボラー」と言い、自分も他にも数人いて、楽しく育ててたのを思い出す(笑)

 

一生懸命に芽を出して生きている、健気な成長に感動して可愛くなってくる。

そんな姿に自分も頑張ろうと勇気づけられました。

最大25メートル

丁度気温も高くなるタイミングで初められたので、水だけをあげるだけで

スクスクと育ち、真っ直ぐ上に芽が出て立派な葉も出て、数ヶ月で高さが30㎝くらいになった。

 

ある真夏の日には直射日光も浴びたいだろうと思い、丁度その頃観た映画レオンの

ワンシーンを思い出し「ご褒美だ」と言いながら鉢をベランダに出していた(笑)

 

出かけて帰ってくると、シナシナになり、葉が全部下を向いていた!

慌てて家の中に入れて水を上げて、なんとか復活してくれた。

ごめんよ~と謝りましたが、日本の真夏の気温と日差しは

南国生まれでもご褒美にはならなくて、キツイみたいです。

 

昔ブログに載せると、収穫はいつ頃出来ますか?と聞かれて焦って調べてみると

気温の高い地域で最大25m位!に大きくなり、花が咲いて受粉して実がなる。

関東の狭い部屋では無理だった(笑)

実を作って食べようと考えて無く、元々観葉植物として育てので実は出来なくても問題なし。

 

成長に連れて、入れてある鉢が狭そうに見えてきた頃

映画レオンで、ナタリー・ポートマンが言ってたのを思い出す

 

「大地に植えれば根を張るわ」

 

これは深い意味があると受け取りました。

狭い鉢の中で生きるのではなく、更に大きく成長出来る様に

足元から広がるこの世界にしっかりと根を張らないと!

 

これも再婚に向けて活動していた時に、趣味の欄に書ける一つになってました。

 

再婚した今は、150㎝位の大きさになり2階の日当たりの良い部屋に置いてあります。

辛い時を支えてくれたアボカドちゃん。ありがとうー!

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。