ネコのイギー様

保護猫を譲渡して頂いてから、約3ヶ月経過しました。

保護猫が寄り付いてくれない

「保護猫のイギー」がウチに来てくれてから、約3ヶ月が経過しました。

改めて3ヶ月と思うと、あまり時間が経って無いことに意外な気がする。

毎日一緒にいるからなのか、数年一緒にいた気がする(笑)

 

3ヶ月経過して体も大きく成長して、私達との関係も成長して変化を楽しめます。

  • 初日 机やテーブルの下に隠れて、出てこない。ケージの中だけが安全と思っている。
  • 1周間目 留守の時にケージを開放。誰もいないリビングを自由に歩く。
  • 3週間目 すこしリビングに慣れて、気になる場所やモノを確認している。
  • 1ヶ月目 一緒にベットで寝る様になる。しかし寝るとき以外は近寄らない。
  • 2ヶ月目 ソファーに座っていると、横に座る時が稀にある。
  • 2.5ヶ月目 ソファーでゴロゴロして、触っても逃げなくなる。

こんな調子で信頼されてきたと思えてます。

警戒心が強いから

ペットショップから来てくれた猫は、一緒に暮らしたことが無いので

わかりませんが、保護猫は警戒心が強く近づいてくれません。

 

一度捨てられて、外の生活をすると警戒心が強くなります。

外での生活は、警戒してないと生きていけないから、仕方ありません。

同じ猫同士の喧嘩や食べ物の奪い合い、犬やカラスからの攻撃を受けたり

小さい子猫だったイギーは、オモチャの様に遊ばれてしまったんだと思います。

 

実際に保護された時は、カラスに襲われ左肘を怪我しておりました。

そして食べ物もあまり食べてなく、背骨が見えてガリガリだったらしいです。

 

そのせいか部屋のエアコンの音や、外から聞こえる飛行機の音に敏感で

警戒しながらキョロキョロと、上の方を見たり天井を探します。

怖いんだろうと思うと、可哀想になり抱きかかえて守ってあげたくなります。

 

しかし抱きかかえようとすると、ササーっと逃げてしまいます(笑)

時間と愛情をかけて

警戒はしているが、コミニュケーションを取れるようになってきました。

 

トイレを使ったあとは、「早くキレイにしてよねー」と言っているように

ミャーミャー言いに来てくれます。

 

そして妻が仕事から家に帰り玄関を開けると、ミャーミャーと鳴くそうです。

玄関から部屋に入るまで、鳴き続ける為

妻は毎日「待って待って」と言い焦りながら、家に入っていくだとか(笑)

 

その後に、私が帰るとそこまでの騒ぎにはならず、ソファーの縁に寝ていて

私を見つけると声を出さずに「サイレントミャー」をします(笑)

まるで「おかえりみゃー」と言ってくれているようで可愛い!となります。

 

撫でまくりたいと思わず手を出しますが、ササーッと逃げます。

そして、ガックリします。そんな毎日の繰り返し(笑)

 

ただし寝る時は、ベットで一緒に寝ていて近くにいます。

この時だけが、触りたい放題(笑)

顔の近くに来てくれると、夫婦ふたりで撫でまくる。

 

その為か、最近では足の近くで寝るようになってしまった(笑)

撫ですぎたのでしょう。反省です(笑)

 

3ヶ月近く経過するけど、想像していた「理想の動き」はしてくれません。

  • 椅子に座っていると、ぴょーんとジャンプして膝の上に乗って来る。
  • 立っていると、足にスリスリ体を擦り寄せてくる。
  • 寝ていると、枕代わりに体を預けてくる。
  • パソコンを使っていると、邪魔をしてくる。

などなど、思い浮かべるとキリがありません(笑)

最近唯一「理想の動き」をしてくれました(笑)

パソコンを使っているとマウスやキーボードの音が、気になるのでしょうか?

上記写真の様に、様子を見に来ます。

以降だんだんと距離が近づき、マウスを持つ手を噛んで来るように(笑)

 

 

しかし、ウチにきた初日からのことを思い出すと、確実に進歩してます。

なのでこの他の「理想の動き」になるのは時間の問題だと思います。

 

これからも焦らずに時間をかけて

「ウチに来てくれてありがとう」と甘やかして愛情を注ぎたいと思います(笑)

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。