日記

いない間に何処かへ行ってしまった桜。

満開の桜
桜の女王

昔、昔小学生の頃。

少年野球をやっていた頃。

 

小学校に「桜の女王」が来ると話題になった事があった。

ご存知でしょうか?

「日本さくらの女王」は、都道府県・市町村等の自治体や企業・団体からの依頼を受け、「さくらの植樹式」・「苗木の贈呈・配布」・「さくら祭り」などに出席します。
毎年3月に開かれるさくら祭り中央大会では全国のさくら愛護者、さくらの会会員との親交を深め、また衆議院議長や総理表敬訪問などを行っています。

日本さくらの会 様より引用

まさに、この桜の女王様が来るので人盛り上がり。

。。。女王に「様」を付けると、なんだか

桜の木で叩かれるのを、イメージしてしまうのは私だけでしょうか?(笑)

 

その女王から、桜の苗木をもらえたのだ。

友達も皆、列になり女王から

手渡しで苗木をもらえた。

 

初めて間近で見た女王は、外国の綺麗な女性で

外国の人と触れ合うことも、初めての私はそれだけで緊張してしまった。

さすが女王様(笑)

 

せっかく、サクラの女王から貰ったので育てたくて

植えようと考える。

 

当時の我が家は、一軒家の借家で

家の前が庭で、庭と道路の境目に木を植えていた。

その庭に、簡単な畑があり少しだけ野菜を作っていた。

 

道路から目隠ししている様に、人の高さ位に

揃って伸びた木。

少しだけ間がある場所に、目を付けた私は桜の苗木を植えた。

 

母親からは、虫が集まるから止めてと言われたが

女王様に怒られると思い(笑)

純粋な私は、ちゃんと植えないといけないと思い植えた。

植えたときは50cm位で、毎日のように水をやり

風の強い日には、心配で付き添ったりしていた。

 

純粋な愛情を受けて、桜はスクスクと育ち

すぐに自分の身長を超えて、大きくなっていた。

2~3年、経過してすでに3m位まで大きくなってくれた。

 

春に綺麗な花を咲かせ、自慢の桜になっていた。

あの母も、うっとりと見とれていた(笑)

 

そんなある日の日曜日。

少年野球の試合があったので、朝からグランドへ。

母親の作った、昼ごはんを食べ

夕方前に試合と練習は終わり。

試合には勝てず、いつもの様に帰宅。

 

自転車で家に到着する寸前に

視界に入って来たのは、いつもの畑ではなく

舗装された、駐車場だった!

家の前にあった庭が、なくなり綺麗に舗装されてた。

 

桜の女王に貰った、自慢の桜も無くなっていた!

母親に「何処行った!?」

と聞くと、申し訳なさそうに

「トラックで運ばれたよ」との事。

 

詳しく聞くと、大家さんの指示で庭は舗装され駐車場になっていた。

重機やトラックが入り、あっという間に舗装されてしまったらしい。

 

植えていた木々を何処に、運ぶかは業者にまかせてあるので

わからないで終わってしまった。そのまま捨てられてしまったんだろうか。

 

何処かに植え替えされて、未だ元気にいて欲しいと思う。

急に舗装され、跡形も無くなっていなくなってしまったのは

少年時代の私には、少々キツかったぞ。

そして、許してください、女王様(笑)

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。