ネコのイギー様

保護猫ちゃん。まだまだ懐かないがダッコの練習をしてみる。

保護猫の「イギー」がウチに来てくれてから、約4ヶ月になります。

初めは、保護猫なので警戒心も強く

撫でさせてもくれませんでしたが、徐々に心を開いてくれているようです。

まだまだ懐かない

3ヶ月が経過する頃に、やっとそばに来るようになってきた。

 

ソファーに座っていると、横に来たり

足元に来たりして、足に寄り添うように寝ていたりする。

ネコを飼うと言った時に、イメージしていた図です(笑)最高です(笑)

やっとここまで心を開いてくれましたが、相変わらず

歩いている時に、撫でようとするとササーッと隠れてこちらを見ます。

それも可愛いのですが、ちょっとショックです(笑)

 

この三ヶ月で、それを繰り返してここまでの

関係を作れていると思うので、焦りは禁物ですがもっと甘えて欲しくなります。

慣れていないから

まだ私にも慣れきって無いと思い、一つの作戦として

色々なオヤツを買ってきてあげてましたが

これまでに、よく食べてくれたオヤツはありません(笑)

2~3回目には食べなくなります。すぐに飽きてしまうのでしょうか。

 

マタタビ入の硬い丸いオヤツも、初めてあげた時は

酒池肉林の如く、部屋中を駆け巡り騒ぎ立ててましたが

最近はもう慣れてしまったのか、おとなしくカリカリして食べてそっと終わってます(笑)

その動きを見てしまったから、毎日 同じカリカリのご飯だけじゃ

味にも飽きてつまらないだろうと、人間の私は勝手に思ってしまいます。

 

しかし、調べてみると頻繁に食べ物を変えるのは、あまり良くないことの様です。

色々な味を知って、贅沢になりこれまでの味では食べなくなるとか

猫によっては、合わないオヤツもあるようで体調崩すこともあるようです。

 

人間の食べ物もあまり与えてはいけません。

小さい体で人間と同じ物を食べると、カロリーも塩分も取りすぎになり

肥満になってしまいます。猫にとって有害な成分も入っているかも知れません。

 

猫のご飯は、同じものを食べさせて

頻繁に変えない。オヤツも色々な種類をあげない。人間の食べ物もあげない。

ということが大切なのでしょう。

抱っこを慣れさせる

最近では、1日に妻と私と順番に、イギーを抱っこをするようになりました。

抱っこをすると、数秒間はじっとしてます。

そのまま歩くと景色を高い位置で楽しめているようで、キョロキョロしてます。

 

そのまま座ってみると、すぐに嫌がって膝の上から降りて

ササーっといってしまいます。私の場合は。。。

妻の場合は、膝の上に横になり、気持ちよさそうにしてます。

何故だろう?(笑)

抱っこをするようになって、更に関係が深まった気がします。

無理やり抱っこをされる = 無理やりコンフォートゾーンから出される

ということを経験して自己成長したのかも知れません。

 

あまりに嫌がるなら止めますが、抱っこが安全と教えるのも飼い主の役目と思えます。

という言い訳と主張で続けます(笑)

なので、スキさえあれば抱っこを試みてみます。

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。