日記

息子の初節句でイキナリ挨拶

盛大な初節句で挨拶

昔のお話。まだ婿養子だった頃。

 

田舎での初節句は、盛大だった。

披露宴会場を借りて、親戚や近所の方々

50名位を呼び、食事をして息子の成長を祝う。

 

何も分からない私に

お色直しや余興の無い「披露宴」と教えてくれた。

 

当然お義母さんが、挨拶をしてくれて

婿養子の私は、食べて笑ってれば良いと思っていた。

 

当日を迎え、朝準備をしていると

お義母さんから、「挨拶お願いね」と言われる(笑)

 

婿養子は「はい」と言うだけだ(笑)

 

いきなりピンチ!

考えれば、息子の父親だから当然

来場して貰った方々に、挨拶をする。

 

こんなに急に言われるとは。

そうでなくても人前で話すのは、大の苦手で

殆どが知らない人に、注目されてしまうと

考えただけでもゾッとしてしまう(笑)

 

慌てて「初節句 挨拶」とか、検索してみたり

良い本は無いかと、探してみたりしたが

どれもしっくりこない、相談する相手もいない。

 

そして、何もかもが初めての事で想像も出来ない(笑)

どんな場所で、マイクを使ってやるのか?

考えれば考える程不安になる。

 

やっと覚悟を決めた

開始1時間前、やっと覚悟を決め

やはり自分の言葉で考えなきゃ

いい挨拶も出来ないだろうと思った。

 

そこから、息子との出来事や

良かった事等を、思い出し箇条書きにしていく。

一つの出来事を思い出し、その話をすることに決めて

下書きの文章を書いていく。

 

なんとか完成した。

そうなると、良いカッコをしようと

何も見ないで発表したくなる(笑)

直前まで、必死に暗記した。

 

会場はコの字型に席が並べられ

前方にカウンターの様な物が置かれているだけだった。

そして、マイクとスピーカーがあった。

 

その時の挨拶を、思い出しながら書いておこう。

また、もし他の人が見て参考になれば良いなと思います。

ならないか(笑)

 

本日は息子の為に、来場していただき

ありがとうございます。

子供の成長は、早いものでやっと歩き始めたと

思ったら、もうランドセルを背負って走り回る様になりました。

身近で見ている私達も早いと思いますので

皆様にはそれ以上に早く感じる事と思います。

 

先日、息子に謝罪をした事がありました。

それは、息子と一緒に買物をしている時に

ポケモンの消しゴムが欲しいと言い始めたので

消しゴムは持っているからいらないと、断りました。

でも、どうしても欲しいと言うので、しょうがなく買って上げました。

それから数日後、息子の机の上にボロボロになった

ポケモンの消しゴムが、置いてあったのです。

それを見て私は、モノを大事にしない事と

あれほど大事にすると言っていたのに

ウソをつかれたと思い、息子を怒鳴りつけましした。

 

その後、息子が何か言いたそうだったので

よくよく話を聞いてみると

「学校で、筆箱を忘れた友達がいたんだ

その友達に、シャーペンを貸して

消しゴムを、ちぎってあげたんだ」と言いました。

 

それを聞いた私は、息子を信じてやれなかったを

自分を恥ずかしく思い、怒鳴ってしまった事を

反省しすぐに謝りました。

そして、我が息子が優しい子に育ってたんだと

嬉しく、誇りに思いました。

 

まだまだ、息子同様私も若輩者でありますので

ご指導、ご鞭撻を宜しくお願いします。

といった内容でした。

自分では上手く話せたと思い

お辞儀をして自分の席に戻った。

 

緊張から解き放たれ、落ち着きを取り戻し

会場を見てみると、殆どが方が酒に酔い

司会の話も聞いてませんでした(笑)

 

必死に考えたのが馬鹿みたいでした(笑)

まぁ、いい経験になりました。

ABOUT ME
アバター
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。