日記

まいらにさんのスピセッション②ソウルメイトと保護猫について。

保護猫のイギーさまとは、過去世から繋がりがありました。さらに「ソウルメイト」について教えてもらいました。

 

まいらにさんのTwitter

https://twitter.com/Mairani_spira?s=20

前回スピリチュアルセッション①は「インナーチャイルド」について書きました。

夜空に浮かぶ火
まいらにさんのスピリチュアルセッション①インナーチャイルドを知る。小学3・4年生の時、担任の先生から暴力を受けてました。その影響で、目上の人とのコミニュケーションに恐怖を感じるようになっていたのです。 ...

最高の相性3人目のソウルメイト

妻も私もお互いに「3人目のソウルメイトです」ということが分かりました。お互いに1人目、2人目と存在して、3人目として出会えたのです。

ソウルメイト (soulmatesoul mate) は、soul(魂)とmate(伴侶、仲間)を組み合わせた英語の造語で、魂の伴侶のこと。一般的には、共通の価値観や好みといった深い親和性のある相手、気性の合った人、初対面でも直感的に懐かしさを感じる人、ロマンチックな結びつきのある相手、運命の伴侶、特別な恋人、相思相愛の相手、互いに深い精神的な繋がりを感じる大切な人、深い縁を持つ人などを意味する

Wikipediaさまより引用

3人のソウルメイト

ちなみにソウルメイトは、何人目かで違いがあるようです。

  • 1人目 純粋な恋。お互いに認識せず、すれ違うだけで終わることもある。
  • 2人目 互いに惹かれ合うけど、カルマが強い。
  • 3人目 最高の相手。何でも許せて、知れば知るほど好きになる関係。

カルマとは

魂の記憶で凄く後悔してること。ものすごくショッキングで、大きなことが解消されないで、今世で出てきてしまうことがある。

互いに1人目と2人目が、誰だったのか見てもらいました。

私も妻も1人目のソウルメイトは、誰だったのか分かりませんでした。一緒にいても気付かず終わることもあるようなので、そこまでの関係になって無かったのだと思います。

私の2人目は前妻でした。お互い好きになり、結婚したのです。しかし一緒にいてモヤモヤしていました。多分、お互いに。そのモヤモヤが原因で、離婚することになったのだと思います。

妻の2人目は、24歳の時最悪な人と付き合ってました?と言われ、思い当たる人がいたようです。そしてその方が二人目のソウルメイトと教えてもらうと「ヤダーー!」と叫んでました(笑)お金の使い方も性格も最悪で、離れられて良かったですねとのことでした。

3人目のソウルメイトとの出会い

お互いに3人目で出会えたので、本当に良かったですね。生まれる前から約束されていたんですよ!と言われ、なんて嬉しいことを!と2人で喜びました(笑)そして妻との出会いを聞かれました。

妻との出会いを思い出して見ます。

離婚後の孤独からやっと立ち直り、諦めていた人生を見つめ直してました。自分には何もないことがわかり、何かしなきゃと少しでも興味を持ったことをやってました。アボカドの栽培や料理、手相、筋トレ、ジョギング、婚活に読書などなど。この他に「ブログ」がありました。

ブログを初めた当初は、何を書けば良いのか?文章が下手で伝わるのか?と悩んでました。しかし、なんとか書き続けていると、見てくれる人が増えていくのです。初めてコメントをもらえたときには、孤独だった自分が世界と繋がることができた気がしました。

コメントをする人が増えてくると、さらにブログが楽しくなります。そのコメントをくれる人の中に妻がいたのです。コメントをキッカケに距離が近づき、仲良くなることができたのです。

 

あのときに、なんでもやってみようと「行動」して、人生が変わっていったと思います。妻との出会い、さらに妻の家族にも出会うことができました。妻の家族とは過去世で、すでに出会ってたようです。行動することの大切さを学べた時期でした。妻と出会えて良かったです。

動物嫌いの原因は過去世にあった

妻はイギーさまと一緒に住むまで、極度の動物嫌いだったのです。ウォーキングしてて、犬を散歩している人とすれ違うときには、できるだけ距離を取るように道の端を歩きます。大型犬がいる道では、遠回りして迂回して歩いているのです。

そんな妻の動物嫌いを知ってか、小型犬に限ってリードを長くされている方が多く、「ワンワンワンワン!!」と妻に駆け寄ってきます。そんなときは「あ”ーー!!」と声にならない奇声を発し、私にタックルしてくる妻でした(笑)

 

この動物嫌いは小さい頃に、犬に追いかけられた経験がトラウマになっていると思ってましたが、原因は過去世にありました。

その原因とは少し残酷ですが、インドの方で洋服もまだ着ていない時代のことです。広い草原で、大型の肉食動物に食べられてしまったのです。想像すると恐ろしい話ですが、意外過ぎてウケます(笑)

この過去世の記憶があり、妻は動物が苦手になってしまったのです。

近所のリードを長くして犬を散歩をする方、動物嫌いな人もいますので短めにお願いします。

保護猫との運命的な出会い

次に一緒に暮らしている、猫のイギーさまとの関係を聞いてみました。

私はそれまで犬派でした。しかし、Twitterで毎日のように、猫の画像見ていると「猫って、か、可愛い♡」と変化していきました。そして猫と一緒に生活したいと思うようになります。

猫がいる生活は何かプラスになる気がして、動物嫌いの妻に相談してみました。すると意外にもOKだったのです。私への愛が動物嫌いを超越したとかなんとか言ってました(笑)

そこで病院に行き猫アレルギーの検査をして、保護猫の譲渡会に行ってみました。

その譲渡会で、イギーさまと出会ったのです。すぐに譲渡が決まり、我が家にくる日程もスムーズに決まりました。妻に相談してから、2週間も掛かって無いと思います。この早さは何か運命的な力を感じると思っていました。

 

まいらにさんに見てもらうと、イギーさまとの出会いは私の過去世にあるようです。その時はイギリスの裕福な家庭に、女性として生まれました。しかし姉妹にいじめられていて、イギーさまだけが唯一の癒やしだったようです。

しかし姉妹からさらにいじめられ、イギーさまも取り上げられてしまいます。そしてイギーさまに、会いたいと思いながら死んでいったそうです。その気持があったので、今世で引き寄せられ一緒に暮らす事ができたのです。

イギーさまは、2人を豊かにするために来てくれたそうです。大人の魂で落ち着いていて、お世話をちゃんとすれば長くいてくれると言ってもらえました。

キャットタワーで眠る猫

一緒に暮らす猫の気持ち

イギーさまは捨てられた時、カラスや他の大きな猫に襲われていて怪我をしてました。その経験から、警戒心も強く常にビクビクしてます。そこで今の暮らしを幸せに感じているのか?気になって聞いてみました。

すると「喜んで幸せに暮らしていますよ」と教えてくれました。一緒に生活してて、良いも悪いも言ってくれないので(笑)幸せと聞くと嬉しくなり感動してしまいました。

そんな気持ちが分かると、これまでよりもさらに可愛く見えて、豊かにするためにきてくれてありがとうと話しかけるようになりました。これからも大切に暮らしていきます。

ABOUT ME
アガイ
20代に婿養子になり、息子が出来てから離婚を致しました。 離婚ショックから回復した時の経験を書き 過去の私と同じ様に辛い思いをしている人を 少しでも楽にしたいです。